トップ   2014年10月1日水曜日 リヨン7泊8日目/ボルムレミモザ1日目−リヨンからボルムレミモザへ

南フランス ボルムレミモザ bormeslesmimosas 南フランス ボルムレミモザ bormeslesmimosas
@朝食を済ませ、リヨン駅に向かう
8:00に朝食を済ませ適当に午前中を過ごす。昼食代わりに昨日買ったチョコレートケーキを食べ、11:30に家を出る。通常の物件は引払う際にオーナーか代理人が立ち会うのだが、ここの物件はすこしちがう。
戸締まりをした後指定の鍵箱にキーを収納するタイプだった。指定された鍵箱にあらかじめ教えられていたナンバーをセットすると中身が開く。そこに鍵を収納し閉めた後番号をシャッフルする。共通玄関の電子ロックは内側からなら問題ないのでそのまま家を出て駅に向かう。
南フランス ボルムレミモザ bormeslesmimosas
この物件を選んだ利点の一つに駅へ歩いていけることがあげられる。重いトランクを引きずっても6分ほどで駅に到着する。
南フランス ボルムレミモザ bormeslesmimosas
Aリヨン駅から12:08発予定のTGVにのりこむ
フランスの電車は出発30分前にならないと乗り込むホームがわからない。電子掲示板を見ながら待合室で待機すると、11:50頃に目的のホームが明らかになった。そのまま向かうとエスカレーター前でチケットの確認がもとめられた。ホーム前でチェックすることで不審者が入り込まないかチェックしているわけだ。これで不審者にトランクが盗まれるようなことはほぼなくなる。
ホームに到着すると電車は10分遅れると表示されている。掲示板にしたがって予約していた17番車両がくるであろう位置に待機する。表示されていた時間通りにリヨン−トゥーロン間のTGVがくる。連結式になっていてマルセイユ駅でニーム行きの車両と切り離すようだ。それで電子掲示板ではトゥーロン行きとニーム行きがおなじ車両で表示されていたわけだ。
南フランス ボルムレミモザ bormeslesmimosas 南フランス ボルムレミモザ bormeslesmimosas
Bアビニョン−エクサンプロバンス−マルセイユ−トゥーロン
乗車した後、トランクを車両間にあるトランク置き場に持っていく。乗車客が多いのでいくつかの車両を歩いたが、どうにか空き場所を発見。開いている隙間に収納した後、座席に戻る。トランク置き場は乗務員が立ち見張りをしているので盗難の心配はない。
リヨン−トゥーロン間は400q以上あり、車ならば4時間以上、タクシーなら700ユーロ以上かかるだろう。それがTGVだと3時間未満、予約していた安いチケットなら1人35ユーロですむからお得だ。ちなみに正規運賃なら65ユーロくらい。チケットはレイルヨーロッパで手配し宅配便で自宅に届けてもらったものだ。
この電車は途中アビニョン−エクサンプロヴァンスを通りマルセイユに到着する。リヨンから1時間でローヌ=アルプ地域圏のなだらかな牧草地とワイン畑の景観がつづき、アビニョンを通り過ぎる辺りからプロヴァンス特有の石灰岩の景色へと変化していく。
右の写真はエクサンプロヴァンスの駅。
南フランス ボルムレミモザ bormeslesmimosas 南フランス ボルムレミモザ bormeslesmimosas
マルセイユ駅は完全な都会で、そこからニーム行きの車両と切り離した後、南国の街トゥーロンを目指す。途中バンドル、カシ駅を通りすぎると、窓辺からは美しい地中海がみえてくる。
南フランス ボルムレミモザ bormeslesmimosas 南フランス ボルムレミモザ bormeslesmimosas
C南国トゥーロンに到着
15:10トゥーロン到着。トゥーロンはヴァール県(Var県)の県庁所在地であり、フランス海軍の基地がおかれている軍港であり、『レ・ミゼラブル』で主人公が収監されていた刑務所があったとされる場所である。
といっても実際は、南国の樹木が立ち並ぶ白亜のお洒落な街である。この街は滞在にも観光にも優れてはいるのだが、私達が本当に行きたい街はこの先にある。
南フランス ボルムレミモザ bormeslesmimosas
Dトゥーロン−イエール−ボルムレミモザ
16:15駅の横にバスターミナルがあるのでLine 8814 のバスに乗り込む。南仏は長距離バスが発達しておりタクシーで80ユーロかかるところを3ユーロですませることができる。いつもは滞在地からトゥーロン - イエール国際空港を目指しそこでバスに乗り込むのだが今年はその路線がなかったのでTGVを使うことにしたのだ。
南フランス ボルムレミモザ bormeslesmimosas 南フランス ボルムレミモザ bormeslesmimosas
E今年で5回目の滞在となるプールと庭園付きの物件
17:15ボルムレミモザのpin(パン)広場に到着。重いトランクを引きずり徒歩3分で目的の物件にたどりつく。左の写真を見ても分かるがボルムレミモザは南国であり、リヨンではコートが必要だったのにここは半袖でちょうどといういくらいに暑い。
インターホンを鳴らすと自動的に門が開き、オーナーが歓迎してくれる。ここのオーナーはボルムレミモザでも相当に大きな地主さんでいくつもの物件をもっている。私達は毎年ここの物件を借りていて、今回ですでに5回目の滞在となる。
何がそんなに気に入っているかというと、オーナーが親切であること、1000u以上のプール付きの庭園があること、物件がいかにも南仏風のデザインでとても過ごしやすいこと、何よりこの街がのんびりしていて過ごしやすいからである。
南フランス ボルムレミモザ bormeslesmimosas 南フランス ボルムレミモザ bormeslesmimosas
F新物件−豪華70uの一軒家で暮す
日本では知られていないがヴァール県(Var県)のボルムレミモザは、フランスでもお金持ちの人がバカンスに遊びに来る秘境。ダイビングや海水浴を楽しむ夏場は人もいっぱいで値段もすごいことになる。
けれどこの時期はシーズンオフなので私達でも予約できるわけだ。それでも今年は予約が遅かったので敷地内にある2軒のうちRose(バラ)とBlue(青)の2軒はすでに予約されてしまっていた。とくにRose(バラ)は4回以上滞在したこともある一番のお気に入りだったのに残念。
しかし、今年は隣の家を買収して新たにMazetという一軒家を改築し、特別に使わせてもらうことになった。まだ誰も使っていない物件で、私達が第1号のお客さんというわけだ。
南フランス ボルムレミモザ bormeslesmimosas 南フランス ボルムレミモザ bormeslesmimosas
この物件はほか2つと違ってプール付きの庭園が見える位置にない。もちろんプールも庭園も自由に使えるが、Rose(バラ)なら庭園とプールを見ながら食事をすることができたのでそこは残念。
けれどその欠点を補ってとにかく広い。70uということだが天井が高くデザインが洗練されているのでもっと大きく見える。寝室は2つもあり、4人でもゆったりと過ごせるだろう。これはいままでくらしてきた物件でも一番豪華かもしれない。
南フランス ボルムレミモザ bormeslesmimosas 南フランス ボルムレミモザ bormeslesmimosas
G近くのスーパーで買物、そしてボルムレミモザ1日目の夕食
ボルムレミモザは自分の街よりも詳しい。スーパーも肉屋もパン屋もどこにあるかすべて熟知している。ここのお店は19:30には閉まってしまうので、荷物を置いたらすぐに必要な食材や飲物、パンを買いに行った。徒歩3分ですぐそこなのだ。
19:00夕食をつくる。ここも電磁調理器だがリヨンのものと同じくらい使いやすい。とくに気に入ったのはカウンターがあること。足をぶらぶらさせながら窓から南仏の景色を眺め、カウンターで食べる晩御飯は最高。今夜のメニューは定番モッツァレラチーズとトマトのはさみ和えと、リヨネーズハムとニンニクのスパゲティだ。
明日からはのんびりとゆったりとこの街で10泊11日間のバカンスを楽しむことになる。

トップ   2014年10月2日木曜日/フランス滞在9日目 ボルムレミモザ1泊2日目−ゆったりと過ごす

南フランス ボルムレミモザ bormeslesmimosas 南フランス ボルムレミモザ bormeslesmimosas
@朝食、出来たてのパンを食べる
7:30起床。窓を開けると、ミモザのパン屋さんがパンを焼く煙が煙突から立ち昇るのが見える。着替えの準備ができると、さっそく菓子パン等を買いに行った。昨日のうちに買ったものでも美味しいが、やはり出来たての味にはかなわない。
南フランス ボルムレミモザ bormeslesmimosas 南フランス ボルムレミモザ bormeslesmimosas
パンとジュースだけでは寂しいので、目玉焼きをつくることにする。リヨネーズハムをベーコン代わりにした目玉焼きをカウンター席で食べるのはじつに美味しい。
南フランス ボルムレミモザ bormeslesmimosas 南フランス ボルムレミモザ bormeslesmimosas
A午前中、家を出て坂を登っていく
10:50家を出る。庭付きの家なので玄関まで少し距離がある。機械式のドアで、手渡されていたキーのスイッチを押すと自動的に開閉する。そのまま商店がつらなるpin広場を通ってから坂を登っていく。
南フランス ボルムレミモザ bormeslesmimosas
Bボルムレミモザの街−坂を登ると
ボルムレミモザは商店がつらなる下のpin(パン)広場と、レストランとホテルと美しい旧市街がひろがる山頂のGambetta(ガンベッタ)広場のふたつに分かれている。買物に適しているのは下のpin広場だが、観光の中心となるのは観光局と市庁舎のあるGambetta広場である。
私たちの家があるpin広場は標高40m、ミモザの市庁舎がある山頂のGambetta広場は標高140mである。高低差100mの道を1.5km以上歩くことになるが、苦にはならない。左手にはお金持ちの別荘、右手には雄大な地中海を見下ろす景観を楽しみながら歩くのは楽しい。
南フランス ボルムレミモザ bormeslesmimosas 南フランス ボルムレミモザ bormeslesmimosas
11:20山頂のGambetta広場に到着。1年ぶりに訪れた街をゆったりと歩き、山頂の広場で昼食を取る。朝買った菓子パンと水筒につめこんだ白ワインだ。のんびりと蒼い空と白い雲を見ながらのんびりと過ごす。
13:00のんびり山頂で過ごしほろ酔い気分で帰路につく。
13:40家に到着、シャワーを浴びてから、窓を開け庭を見ながらゆっくりと昼寝をする。
南フランス ボルムレミモザ bormeslesmimosas 南フランス ボルムレミモザ bormeslesmimosas
C今日の夜の献立
17:30より今夜の夕食をつくる。スーパーで買ったリゾット用のお米を煮込んでから、白玉ネギとリヨネーズハムと一緒に炒める。その際ジャガイモを煮込んだ汁にコンソメの素を入れたスープを加えると美味しく仕上がる。これで、白玉ネギとリヨネーズハムのリゾット風炒め煮の出来上がりだ。
南フランス ボルムレミモザ bormeslesmimosas 南フランス ボルムレミモザ bormeslesmimosas
前菜は、お昼のうちに冷蔵庫に保管しておいたモッツァレラチーズとトマトのはさみ和え。食後のデザートはパティシエで購入したトリュフチョコケーキである。
明日は前々から気になっていたお肉屋さんで食材を購入し、お昼はレストランで食事を取ろうと思う。

トップ   2014年10月3日金曜日/フランス滞在10日目 ボルムレミモザ2泊3日目−ミモザのレストラン

南フランス ボルムレミモザ bormeslesmimosas
@朝食を食べる
7:30起床。今日の朝食はフレンチトーストとオレンジジュース。
南フランス ボルムレミモザ bormeslesmimosas 南フランス ボルムレミモザ bormeslesmimosas
台所とロビーのあるフロアは南向きでとても明るい。午前中は洗濯物をほしたり、荷物の整理をしたりして過ごす。その気になればベランダのテーブルで食事をすることもできるし、プールで泳ぐこともできる。
南フランス ボルムレミモザ bormeslesmimosas 南フランス ボルムレミモザ bormeslesmimosas
A肉屋さんでお惣菜を買う
10:15家を出て、pin広場の肉屋さんに向かう。豚肉や鶏肉ならスーパーでも手に入るが、お惣菜や特殊な食材は肉屋さんでしか手に入らない。
さっそく、鴨肉のオレンジソース煮込み、牛肉の煮込み、クスクスなどを購入した。
南フランス ボルムレミモザ bormeslesmimosas 南フランス ボルムレミモザ bormeslesmimosas
B山頂のレストランで昼食を
買ってきたお惣菜をいったん冷蔵庫に保管し、今度は山頂を目指す。いつものようにお弁当でもいいのだが、久しぶりにレストランで食事をとることにする。
ミモザは他の南仏の村に比べてもレストランの味はかなり良い。メニューで安く食べさせてくれるレストランがあったのでさっそく入ることにする。
南フランス ボルムレミモザ bormeslesmimosas 南フランス ボルムレミモザ bormeslesmimosas
グラスワインとビールを頼む。前菜はニースサラダ。
南フランス ボルムレミモザ bormeslesmimosas 南フランス ボルムレミモザ bormeslesmimosas
メインは豚肉とジャガイモのパテとフライドポテト、デザートはケーキとミックスフルーツ。
南フランス ボルムレミモザ bormeslesmimosas 南フランス ボルムレミモザ bormeslesmimosas
C今夜の夕食は鴨肉のオレンジソース煮
18:00夕食を作る。今夜のメインは朝に買った鴨肉のオレンジソース煮込みだ。
南フランス ボルムレミモザ bormeslesmimosas 南フランス ボルムレミモザ bormeslesmimosas
南フランス ボルムレミモザ bormeslesmimosas 南フランス ボルムレミモザ bormeslesmimosas
前菜はリヨネーズハムとモッツァレラチーズとトマト、ニンニクスパゲティと鴨肉のオレンジソース煮がメインだ。特に鴨肉の味付けは素晴らしい。オレンジの酸味と甘みがクセの強い鴨肉によくあっている。

トップ   2014年10月4日土曜日/フランス滞在11日目 ボルムレミモザ3泊4日目−ミモザの街の紹介

南フランス ボルムレミモザ bormeslesmimosas 南フランス ボルムレミモザ bormeslesmimosas
@朝食を食べる
7:30起床。朝食にフレンチトーストを食べた後、たまった洗濯物を洗いに行く。Rapid30に設定すれば30分で洗え、そのまま物干し竿に干すことができる。
南フランス ボルムレミモザ bormeslesmimosas 南フランス ボルムレミモザ bormeslesmimosas
Aミモザのパン屋さんとスーパー
今日もいつも通りのんびり過ごすわけだが、ここで街の紹介をしておこうと思う。Pin広場には色んなお店があるが、一番良く利用するのはパン屋さんとスーパー。Pin広場のパン屋さんは今まで食べてきたパンの中でも一番美味しい。ケーキはやはりチョコレート系のものを選ぶほうが確実。
南フランス ボルムレミモザ bormeslesmimosas 南フランス ボルムレミモザ bormeslesmimosas
スーパーは南仏では一般的な8huit(ユイトゥール)で、12:00から17:00までは休みとなる。ここで野菜や飲み物を購入する。支払いはクレジットカードでも現金でもどちらでもよい。私達は2日に1回の割合で利用している。
南フランス ボルムレミモザ bormeslesmimosas 南フランス ボルムレミモザ bormeslesmimosas
Bミモザの街の紹介
10:30家を出て山頂を目指す。ミモザは他の南仏の観光地と比べても美しい。まず観光客が沢山うろついていない。リュベロン地方のどの村でも観光客でいっぱいだが、ここは不便なところにあるので海外からの観光客は少ない。そのくせ、観光局やレストランは充実していて決してひなびているわけでもない。
南フランス ボルムレミモザ bormeslesmimosas 南フランス ボルムレミモザ bormeslesmimosas
街の街路は美しく舗装され植物が景観にあうよう配置されている。細い通りには庭園がいくつもあり、色とりどりの花が咲いている。
南フランス ボルムレミモザ bormeslesmimosas 南フランス ボルムレミモザ bormeslesmimosas
南仏で美しい街といえばグラース(Grasse)やサンポールドヴァンス(Saint-Paul-de-Vence)があるが、この街が勝っているのは山にありながら、どの位置からでも美しい地中海が臨めること。
南フランス ボルムレミモザ bormeslesmimosas
C今夜の夕食
午前中のうちに肉屋さんで今夜の食材を買う。買ったのは鶏肉と、写真右下にあるヒモでくくった牛肉。パペットといってフランスの肉屋さんならどこでも売っていて、非常に使いやすい食材である。
南フランス ボルムレミモザ bormeslesmimosas 南フランス ボルムレミモザ bormeslesmimosas
18:00夕食をつくる。パペットをスーパーで購入したトマトベースの調味料といっしょによく煮込む。パペットは外側を皮で包み、中身はハーブとミンチになっていてとても香ばしくて美味しい。
南フランス ボルムレミモザ bormeslesmimosas 南フランス ボルムレミモザ bormeslesmimosas
鶏肉をおなじくトマト風味で調理する。こちらはコンソメの素とジャガイモと玉ねぎを煮込んだスープにトマトベースの調味料を加えてよく煮込む。フランスの鶏は骨つきで売っているのでダシが濃くなって美味しくしあがる。

トップ   2014年10月5日日曜日/フランス滞在12日目 ボルムレミモザ4泊5日目−イエールへ行く

南フランス ボルムレミモザ bormeslesmimosas 南フランス ボルムレミモザ bormeslesmimosas
@朝食を食べる
7:30起床。朝食を食べた後、昨日ほした洗濯物を取りに行く。右の写真は同じ敷地内にあるBlueとRoseの物件。
南フランス ボルムレミモザ bormeslesmimosas
A長距離バスで移動する
今日は珍しく遠出をすることにする。ミモザはバスでどこでも行けるので便利。西回りのバスにのればトゥーロン、イエールまで片道3ユーロで行ける。今日はイエールまで遊びに行くことにする。
南フランス ボルムレミモザ bormeslesmimosas 南フランス ボルムレミモザ bormeslesmimosas
Bイエール(Hyeres)の街
40分後イエールに到着。新市街は南国という雰囲気だが、旧市街は古い塔や石畳で中世の城塞都市という感じ。午前中なのであちこちのレストランでお昼の用意をしている。
南フランス ボルムレミモザ bormeslesmimosas 南フランス ボルムレミモザ bormeslesmimosas
イエールは中世の城塞だったところなので坂がとてもきつい。その分上まで登ると絶好の景色が楽しめる。山頂まで登ってから、細い路地を色々覗いた後、お腹が空いてきたのでレストランを探すことにする。
南フランス ボルムレミモザ bormeslesmimosas
Cイエール(Hyeres)でイカを食べる
イエールの広場にはたくさんレストランがあるが、なかなか良さそうなものが見つからない。良いレストランを見つけるコツは、黒板にチョークで今日のメニューをかいているレストランを探すこと。紙に印刷したメニューを出しているレストランより、地元客がついていて美味しくかつ安いことが多い。
南フランス ボルムレミモザ bormeslesmimosas 南フランス ボルムレミモザ bormeslesmimosas
というわけで、黒板に14ユーロのMenuと書いているレストランに入ることにする。注文すると来たのはイカの炒め物とお米。フランスでイカを食べるのは初めてだが実に美味しい。ゲソのように硬い感じではなく、柔らかく食べやすい。デザートはチョコレートムースにクリームをかけたもの。見かけよりずっとあっさりして美味しかった。
南フランス ボルムレミモザ bormeslesmimosas 南フランス ボルムレミモザ bormeslesmimosas
D今夜の夕食
ミモザに帰り昼寝をした後、18:30夕食を作る。
昨日肉屋さんで買ったお惣菜を前菜にすることにする。お惣菜は鶏肉のカレー風味。こちらではガランマサラやパエリャなどのスパイスが手に入れやすい。この鶏肉も日本のカレーよりずっとスパイシーでなかなかの味。
そのままでは芸がないので、スパゲティと絡めてカップにいれてみる。
南フランス ボルムレミモザ bormeslesmimosas 南フランス ボルムレミモザ bormeslesmimosas
そしてメインは、昨日肉屋さんでかったcote filed(豚肉の肋骨部分)。肉屋さんではこれとパペットを買えば間違いない。日本で買えるスペアリブよりずっと大きく, 骨周りの肉の旨味はここでしか味わえない。
そのまま焼いても美味しいが、塩とエシャロットで一日冷蔵庫で寝かしておいたものをフライパンで焼く。
南フランス ボルムレミモザ bormeslesmimosas 南フランス ボルムレミモザ bormeslesmimosas
途中煮込んだジャガイモをいれて一緒に炒めると、リブポークステーキの完成だ。

トップ   2014年10月6日月曜日/フランス滞在13日目 ボルムレミモザ5泊6日目−のんびりと過ごす

南フランス ボルムレミモザ bormeslesmimosas 南フランス ボルムレミモザ bormeslesmimosas
@パンを買いに行く
7:30起床。パン屋に菓子パンとバゲットを買いに行く。早朝に行くと街の人達がパンを買いに並んでいる。朝はお得な菓子パンセットがあるからだ。
私達も菓子パンとバゲットを買うことにする。買ったバゲットはそのままフレンチトーストにして美味しくいただいた。
南フランス ボルムレミモザ bormeslesmimosas 南フランス ボルムレミモザ bormeslesmimosas
Aヒツジ肉と鶏とお惣菜を買う
午前中、肉屋さんでお惣菜と肉を買いに行く。今日は思い切ってヒツジ肉を買うことにする。ここのヒツジはシストロン(Sisteron)産と書いてある。シストロンは北の方にある城塞都市で観光とヒツジで有名なところだ。
ヒツジはバラ売りしてくれないので少し大きめに切り分けていたものを2つ買うことにする。ヒツジはkg単位で21.9ユーロ、2切れで0.87kgなので19.05ユーロになった。フランスは100g単位でなくkg単位で値段が表示されるが、どのお肉も日本のものよりずっと安くてボリュームがある。
南フランス ボルムレミモザ bormeslesmimosas 南フランス ボルムレミモザ bormeslesmimosas
棚の上には焼きたての鶏の丸焼きがあったのでそれも買うことにする。フランスに来たら必ず買うべしというくらい定番の料理だ。ヒツジ肉は塩を振ってそのまま冷蔵庫に保管する。
南フランス ボルムレミモザ bormeslesmimosas 南フランス ボルムレミモザ bormeslesmimosas
B昼食は鶏の丸焼き
今日は外出しないで家で昼食。午前中に買った鶏の丸焼きを食べることにする。フランスに来ると鶏の丸焼きをよく見かけるがここのは1.265kgで13.92ユーロとかなり安い。味付けも塩とハーブを使って実に上手く仕上がっている。
南フランス ボルムレミモザ bormeslesmimosas 南フランス ボルムレミモザ bormeslesmimosas
C今夜の夕食
18:00夕食を作る。アルザス地方の白ワインを開ける。今日の前菜は午前中に買った牛肉の煮込みのお惣菜とトマトモッツァレラチーズ和え。
南フランス ボルムレミモザ bormeslesmimosas 南フランス ボルムレミモザ bormeslesmimosas
メインはお昼食べた鶏肉の残りをリゾット風に仕上げたもの、そしてデザートはスーパーで買ったメロンだ。
今日は一日のんびりしたので明日は、長距離バスにのって美しい港町サントロペに行くことにする。

トップ   2014年10月7日火曜日/フランス滞在14日目 ボルムレミモザ6泊7日目−サントロペへ行く

南フランス ボルムレミモザ bormeslesmimosas
@朝食を食べる
7:00起床。朝食にパン・オ・レザンとメレンゲを食べる。出発前に肉屋さんでお惣菜等を買った後、バス停へ向かう。
南フランス ボルムレミモザ bormeslesmimosas
Aサントロペへ向かう
9:20サントロペ(Saint-Tropez)行きのバスに乗る。一昨日は西回りでイエールへ行ったが、今回は東回りのルートを使う。順調に行けば1時間でサントロペに行けることになっているが、実際は2時間以上かかる。サントロペは人気スポットのため港町直前で必ず渋滞に巻き込まれるからだ。
南フランス ボルムレミモザ bormeslesmimosas 南フランス ボルムレミモザ bormeslesmimosas
B港町サントロペ
11:30サントロペ到着。バスターミナルで降りてさっそく街の中心部に向かう。サントロペはとにかく人が多い。今日は週に2回ある朝市の日なので特に多い。みんなここに来るのを楽しみにしている感じだ。
南フランス ボルムレミモザ bormeslesmimosas 南フランス ボルムレミモザ bormeslesmimosas
Cサントロペの巨大朝市
サントロペでは毎週火曜日と土曜日に、午前中から12時30分頃まで巨大な朝市が開かれる。骨董品・靴・衣料品・スパイス・雑貨等、古いアンティークから最新のファッションまですべて屋台で販売される。一見無秩序のように並んでいるが毎年同じ場所に同じ店があって品質が高い。
私達は骨董品エリアをひやかした後、スパイス売り場で大量のハーブを購入する。それから肉屋の屋台でウズラ肉やパエリャを買う。最後に行くのは馴染みの雑貨屋さんだ。
南フランス ボルムレミモザ bormeslesmimosas 南フランス ボルムレミモザ bormeslesmimosas
写真を見ても分かる通り、実にたくさんのそしてカラフルな動物達が売られている。
南フランス ボルムレミモザ bormeslesmimosas 南フランス ボルムレミモザ bormeslesmimosas
こういう小物は他のお店では売っていないので、気に入ったら即座に買うことにする。今回購入したのはネコとネズミだ。
南フランス ボルムレミモザ bormeslesmimosas 南フランス ボルムレミモザ bormeslesmimosas
D海の町サントロペ
サントロペの見どころは巨大朝市とお洒落な街並み、そして海に面した絶景。
南フランス ボルムレミモザ bormeslesmimosas 南フランス ボルムレミモザ bormeslesmimosas
段差のない浜辺ではたくさんの人達が日光浴をしている。
12時過ぎでお腹がすいてきたので昼食にする。サントロペはいい街だが、レストランの愛想はあまり良い方ではない。料理は美味しいのだが、屋台で鶏肉やピザなど買って城塞の公園で食べたほうが気持ちいいかもしれない。
南フランス ボルムレミモザ bormeslesmimosas 南フランス ボルムレミモザ bormeslesmimosas
14:20ミモザに帰るバスに乗る。帰りは1時間ほどで帰れる。このバスを逃すと次は17時以降になってしまう。
南フランス ボルムレミモザ bormeslesmimosas 南フランス ボルムレミモザ bormeslesmimosas
E今夜の夕食
18:30夕食をつくる。今夜の前菜は午前中にお肉屋さんで買ったお惣菜。買ったのは牛の頭とイワシの酢漬け。牛の頭はゼラチン状でコリコリしていて美味しい。イワシの酢漬けもさっぱりとして生臭くなく美味しい。
南フランス ボルムレミモザ bormeslesmimosas 南フランス ボルムレミモザ bormeslesmimosas
メインは昨日から仕込んでいたヒツジ肉をシチューにする。こんがりと焼いたヒツジ肉を鍋に入れる。そしてニンジン、玉ねぎ、エシャロットをよく炒めてから鍋に入れる。
南フランス ボルムレミモザ bormeslesmimosas 南フランス ボルムレミモザ bormeslesmimosas
適当に炒めてから、水とワインとトマトベースの調味料を入れよく煮込む。40分くらいで美味しいシチューの出来上がりだ。ヒツジは鶏肉とブタを合わせた味で非常に味が濃くて美味しい。
南フランス ボルムレミモザ bormeslesmimosas
サントロペで買ったお土産。ネコ2匹がサントロペ号に乗っている。ネズミの首は振り子とバネで絶妙な動きをする逸品だ。フランスの小物やぬいぐるみはデザインが絶妙で、愛らしさと楽しさと独創性にあふれている。

トップ   2014年10月8日水曜日/フランス滞在15日目 ボルムレミモザ7泊8日目−ミモザの朝市

南フランス ボルムレミモザ bormeslesmimosas 南フランス ボルムレミモザ bormeslesmimosas
@朝食を食べる
7:30起床。朝食を食べる。
南フランス ボルムレミモザ bormeslesmimosas 南フランス ボルムレミモザ bormeslesmimosas
Aミモザの朝市
10:30外出、11:00に山頂に到着。ミモザは毎週水曜日に朝市が行われる。規模はかなり大きく香辛料や一流のテーブルクロスなどが手に入る。
南フランス ボルムレミモザ bormeslesmimosas 南フランス ボルムレミモザ bormeslesmimosas
ミモザは山頂に大きな駐車場が有り、沢山の人が朝市に遊びに来る。みんなとても楽しそうだ。
南フランス ボルムレミモザ bormeslesmimosas 南フランス ボルムレミモザ bormeslesmimosas
Bレストランで昼食を
買物を終えた後山頂を降りてレストランLa Rastegueに向かう。このレストランは祝祭日の昼か夜にしかやっていないが、星付きのレストランよりもリッチな食事が楽しめる。値段は高く、前菜、メイン、デザートで49ユーロだ。
南フランス ボルムレミモザ bormeslesmimosas 南フランス ボルムレミモザ bormeslesmimosas
スタッフの愛想がとても良く、内装もすごく高級感があってお洒落である。
南フランス ボルムレミモザ bormeslesmimosas 南フランス ボルムレミモザ bormeslesmimosas
C今夜の夕食
18:00夕食をつくる。前菜は昨日買ったお惣菜。地元産のロゼワインでいただく。メインは昨日のヒツジ肉をリゾットにしたものだ。
南フランス ボルムレミモザ bormeslesmimosas 南フランス ボルムレミモザ bormeslesmimosas
デザートはパティシエで買ったチョコレートケーキ。
右の写真は今日の朝市で手に入れたテーブルクロス4種類。毎年ここに来るたびに購入するのだが、本物のプロヴァンスプリントよりも使いやすい。プロヴァンスプリントは綿100%で日焼け色落ちしやすいが、こちらは撥水性の高い化学繊維で非常に使いやすい。何より柄が素晴らしく、何度洗濯しても色落ちしない。南仏でも意外と売っているところは少なくて、一番バリエーションが多いのはミモザの朝市だろう。

トップ   2014年10月9日木曜日/フランス滞在16日目 ボルムレミモザ8泊9日目−ミモザで絵を買う

南フランス ボルムレミモザ bormeslesmimosas 南フランス ボルムレミモザ bormeslesmimosas
本場のオランジーナ
7:30朝食を食べる。今日のジュースはオランジーナ ルージュ。私達が一番良く飲むジュースはオランジーナだが、本場フランスではいくつかのバリエーションがある。ダイエット用のマダムオランジーナ、グレープフルーツ味のルージュ。味はオランジーナが一番だが、さわやかなグレープフルーツ味はここでしか楽しめない。
南フランス ボルムレミモザ bormeslesmimosas 南フランス ボルムレミモザ bormeslesmimosas
Aミモザで一番高いところ
10:30外出。11:20ミモザで一番高い城塞跡に到着。ここはミモザで一番見晴らしがいい。
南フランス ボルムレミモザ bormeslesmimosas 南フランス ボルムレミモザ bormeslesmimosas
Bアートを購入する
じつは今日は絵を買おうと思ってここに来た。南仏のアートは素晴らしく、内装に使えるオブジェがたくさんある。以前行ったサンポールドヴァンス(Saint-Paul-de-Vence)などは特に有名。骨董市で手に入れるものより斬新で色彩豊かなアートは思っているほど高額というわけではない。なかでもこのミモザの絵画は気に入っていて以前から家の廊下に飾りつけたいと思っていた。
南フランス ボルムレミモザ bormeslesmimosas 南フランス ボルムレミモザ bormeslesmimosas
値段はなんとか買える範囲で、A4サイズで350ユーロ、A2サイズで550ユーロ。水彩画でこれくらいだが油彩だとこの倍になる。といってもプリント版なら大きさによるが20ユーロくらいで手に入れられる。時間をかけて選んだのは緑とオレンジの色彩でミモザを描いたA2サイズの水彩画2枚だ。日本に帰ったらすぐにそれぞれの色彩に合わせた額縁で廊下に飾ることにする。
南フランス ボルムレミモザ bormeslesmimosas 南フランス ボルムレミモザ bormeslesmimosas
Cパンを食べてお家でお昼
絵を購入して気分が良くなると小腹がすいてきた。パン屋で買ったパン・オ・レザンと水筒につめた白ワインをベンチに座って食べる。それから山を降りて家で昼食を食べる。昨日のリゾットを暖めたものとパンだ。
南フランス ボルムレミモザ bormeslesmimosas 南フランス ボルムレミモザ bormeslesmimosas
D今夜の夕食
18:30夕食をつくる。前菜はいつものトマトとモッツァレラチーズ和え。メインは肉屋で買った鶏肉をトマトベースの調味料とコンソメで煮込んだもの。
南フランス ボルムレミモザ bormeslesmimosas 南フランス ボルムレミモザ bormeslesmimosas
デザートのケーキはメレンゲをチョコレートでコーティングした変わったもの。今日は念願の絵が買えたので大満足。ミモザ滞在は明日で最後となる。

トップ   2014年10月10日金曜日/フランス滞在17日目 ボルムレミモザ9泊10日目−ミモザ滞在最後の日

南フランス ボルムレミモザ bormeslesmimosas
@朝食を食べる
7:30朝食を食べる。今日がミモザで暮す最後の日になる。
南フランス ボルムレミモザ bormeslesmimosas 南フランス ボルムレミモザ bormeslesmimosas
A山頂から見下ろすミモザ
10:30家を出て山頂を目指す。天気は良いが午前中はまだ少し雲が出ている。
南フランス ボルムレミモザ bormeslesmimosas 南フランス ボルムレミモザ bormeslesmimosas
B青く晴れ渡った空
12時前になると教会の鐘が鳴り響く。雲も晴れ渡り暖かい陽射しになってきた。
南フランス ボルムレミモザ bormeslesmimosas 南フランス ボルムレミモザ bormeslesmimosas
Cレストランで昼食を
12:15レストランで昼食を取ることにする。このレストランはミモザ山頂では一番味が良い。
南フランス ボルムレミモザ bormeslesmimosas 南フランス ボルムレミモザ bormeslesmimosas
値段は少し高めだが、それに見合った料理が出てくる。選んだ料理は魚の煮込みと、牛肉の煮込みだ。
南フランス ボルムレミモザ bormeslesmimosas 南フランス ボルムレミモザ bormeslesmimosas
C今夜の夕食
18:00夕食をつくる。肉屋で買ったパペットの煮込みに、ベーコンと卵でつくったオムレツをそえる。
南フランス ボルムレミモザ bormeslesmimosas 南フランス ボルムレミモザ bormeslesmimosas
メインはニンニクとハムのスパゲティ。そしてデザートはチョコレートケーキだ。

明日からカンヌ
明日はいよいよ最後の滞在地カンヌに向かうので、荷物を整理し忘れ物がないようトランクに詰め込む準備をする。準備ができたら大家さんのところに行って滞在費用を支払う。

トップ   2014年10月11日土曜日/フランス滞在18日目 ムスティエ=サント=マリー へ そして カンヌ

フランス ムスティエ=サント=マリー Moustiers Sainte-Marie
@朝食を食べ、送迎を待つ
7:30パン屋さんで買ってきたクロワッサンを朝食に食べる。今日は現地のガイドに送迎を頼んでいて9:00に迎えに来てくれることになっている。その間に大家さんに家をチェックしてもらいお別れの挨拶をすませる頃に、ちょうどガイドの自動車が来てくれた。
フランス ムスティエ=サント=マリー Moustiers Sainte-Marie
Aムスティエ=サント=マリーの工房Atelier Soleilへ向かう
11:30ムスティエ=サント=マリーの工房に到着。ムスティエは毎年立ち寄るところで今年でちょうど5回目になる。その際必ずこの工房でムスティエ焼きを買うのが慣例となっている。
フランス ムスティエ=サント=マリー Moustiers Sainte-Marie フランス ムスティエ=サント=マリー Moustiers Sainte-Marie B最高のムスティエ焼きを買う
この工房わりかし有名だが、実際作品を買っていく人はそんなにいない。掘り出し物が好きな私達にとってはありがたい。右の写真は今回購入したムスティエ焼きで、大皿4枚、中皿2枚、箸置き8個、写真に載っていないものでマグカップ4個、スープ用中皿4個の総額865ユーロ。免税手続きはしない旨を伝えると425ユーロで決済してくれた。
フランス ムスティエ=サント=マリー Moustiers Sainte-Marie フランス ムスティエ=サント=マリー Moustiers Sainte-Marie
村のほうで売っているムスティエ焼きは重いし色が少しドギツイ。好みの問題だが、ここの主人は新進気鋭の作家で新しい作品を常に生みだし続けている。持ってみると分かるのだが、異常に軽く、料理を暖かく保つ保温性に優れている。何より肌のようななめらかな白地に描かれた南仏をイメージした草花や動物たちが美しい。
フランス ムスティエ=サント=マリー Moustiers Sainte-Marie フランス ムスティエ=サント=マリー Moustiers Sainte-Marie
Cムスティエ=サント=マリーを歩く
12:30ムスティエに到着。ガイドには14:00に待ち合わせするよう伝えてから、村を歩く。
フランス ムスティエ=サント=マリー Moustiers Sainte-Marie フランス ムスティエ=サント=マリー Moustiers Sainte-Marie
ムスティエは、石灰岩の切り立った岩山と流れ出る小川、お洒落な街並みが美しい村である。秘境といってもいい場所でバスは1日1本しかなくガイドを使わないとちょっと来れない場所にある。といっても今回で5回目の訪問になるのでどこに何があるかは承知済み。以前から行ってみたかったレストランに足を運ぶことにする。
フランス ムスティエ=サント=マリー Moustiers Sainte-Marie フランス ムスティエ=サント=マリー Moustiers Sainte-Marie
Dレストランで昼食を
ムスティエの中心地のレストランは価格が高くお得とはいえない。川沿いに下っていくとなかなか美味しいレストランがある。今回は村の入口の駐車場側にあるオーベルジュのレストランで食事をすることにする。
ムスティエの料理は全体的に高い。ここは15ユーロでボリュームのある定食がいただける。今回の定食は豚肉の煮込みにポテトを和えたもの。私が選んだのは3種類のブルーチーズ等をミックスした大型ピザ。フランスはイタリアよりもピザが美味しいことが多いのだが、これは今まで食べたなかで一番美味しいかも。
フランス ムスティエ=サント=マリー Moustiers Sainte-Marie フランス ムスティエ=サント=マリー Moustiers Sainte-Marie
Eヴェルドン峡谷をいく
14:00ムスティエを出発。カンヌに向かうルートはヴェルドン峡谷を通って行くことにする。ヴェルドン峡谷の景色は雄大で一見の価値はある。ただし、道がくねくねして車酔いしやすいので酔い止めは飲んでおいたほうがいいだろう。
フランス カンヌ cannes Fカステラーヌ(Castellane)を通りカンヌへ向かう
途中カステラーヌを通りカンヌへ向かう。カステラーヌはヴェルドン山地の標高724mに位置する村で、村の中心から見える180mの高さにある教会がとても美しい。
フランス カンヌ cannes フランス カンヌ cannes
G毎年利用するカンヌの滞在先
16:00カンヌ到着。到着後指定された番号に電話をすると、すぐに来てくれるとのこと。5分後、毎年案内してくれるマダムが2階(日本では3階)にある物件に案内してくれる。マダムには掃除代20ユーロを払い、最終日のチェックアウト日時を伝える。 この物件カンヌのノートルダム教会の丘の裏通りにあり、共通玄関も建物もかなり古い。
フランス カンヌ cannes フランス カンヌ cannes
しかし、中身はご覧の通り。45uの大きさで浴槽をそなえ非常に快適になっている。持ち主はイギリス人で 本棚や紅茶セットなど非常にセンスがよくかなり使いやすい。何より浴槽があるのが素晴らしい。
フランス カンヌ cannes フランス カンヌ cannes
キッチンはガス式でマッチを使う。調味料・紅茶等がそろっておりイギリス式の台所はとても使いやすい。今日から9泊滞在するのに相応しい物件である。
フランス カンヌ cannes
H今夜の夕食
19:00夕食をつくる。お昼をたくさん食べたし、観光で疲れているのでトマトを使ったニンニクスパゲティを食べる。

トップ   2014年10月12日日曜日/フランス滞在19日目 カンヌ1泊2日目−カンヌの市場でお買い物

フランス カンヌ cannes フランス カンヌ cannes
@朝食を食べる
7:30朝食を食べる。イギリス人の物件に置いてある紅茶はとても美味しい。英国仕様のTWININGSで普段飲むものと味が違う。
10:00家をでて市場に向かう。といっても旧市街のど真ん中なので市場まで徒歩3分もかからない。この辺りの通りはカンヌのレストランが集まるところでもある。
フランス カンヌ cannes フランス カンヌ cannes
Aカンヌの常設市場
マルシェ・フォルヴィル通りにある常設市場は月曜をのぞくお昼12:00頃まで毎日やっている。毎日ここで買物をして自炊するのがカンヌでの日課である。
フランス カンヌ cannes フランス カンヌ cannes
B肉と野菜を買う
まず肉を買う。一番美味しいのは豚肉なので、cote filed(豚肉の肋骨部分)とパペットを買う。フランスのウインナーやソーセージは試したことがないので買ってみる。 野菜は鮮度が一番良さそうな店で玉ネギとエシャロットと長ネギとトマトを購入する。袋は日本から持参したものだ。
フランス カンヌ cannes フランス カンヌ cannes
Cデザートに秋の果物を買う
秋の季節はフルーツが一番美味しい季節。特にメロンとブドウは絶品。メロンはフランス産のものしかないが、ブドウはイタリア産などが混じっていることがある。もちろん買うのはフランス産のブドウで突き抜けるような甘みがある。
フランス カンヌ cannes フランス カンヌ cannes
Dオリーブ専門店の漬物を買う
行列が並んでいるので何かと思えば、オリーブの漬物を売っていた。調味料としても添え物としても使えそうなのでいくつか買ってみる。左の写真にある白いニンニクの漬物、右の写真にある干しトマトの漬物とアーティチョークの漬物を購入する。あと料理に使うオリーブ油も少なくなってきたのでここで購入する。
フランス カンヌ cannes
EPAULでお菓子を買う
カンヌというと映画祭などのイベント会場やブランドショップを想像するだろう。実際一番魅力的なのは市場で色んな食材が買えること。市場から5分ほど歩いたところにPAUL があるのでお菓子とバゲットを買うことにする。
フランス カンヌ cannes フランス カンヌ cannes F買物を終えてカンヌを見下ろす
12:30過ぎ。両手にいっぱいの買い物袋をもって自宅へ帰ることにする。私たちの家はカンヌの丘の裏手にあり、カンヌ全てを見下ろすことができる。
フランス カンヌ cannes フランス カンヌ cannes
G軽い昼食を済ませる
13:00軽い昼食をつくる。イギリス人の物件は食卓のテーブルが簡素な事が多い。テーブルクロスを敷いて、買ってきたパンとリヨネーズハムの目玉焼きと今日買ったニンニクの漬物を食べる。コリコリサクサクとした食感でニンニクの香ばしい香りが口いっぱいに広がって美味しい。
フランス カンヌ cannes フランス カンヌ cannes
H夕食の準備をする
昼食後昼寝をしてゆっくり過ごす。
17:30今日買ってきた食材から夕食をつくる。モッツァレラチーズをフライパンで温めるとねっとりとした極上のフォンデュになり、湯を通したジャガイモとニンジンにからめる。湯通ししたマカロニ系のパスタと一緒に炒め下準備をすませる。
肉屋で買ったパペットはコンソメとトマトベースの調味料、長ネギとエシャロットと一緒によく煮込む。これが今夜のメインディッシュだ。
フランス カンヌ cannes フランス カンヌ cannes I夕食を食べる
18:30夕食を食べる。徒歩1分の場所に近所の人が利用する小さなスーパーがあって、かなり質のいいワインが手に入る。この辺りは私たちのように物件を借りる人たちが多いせいか品揃えはかなり良い。今日はアルザスの白ワインで乾杯。市場で買った地元産のオリーブオイルをモッツァレラチーズとトマトにかけ、アーティチョークの漬物をそえる。
モッツァレラのフォンデュは今まで味わったチーズでも極上の食感が味わえる。アーティチョークは野菜とは思えないねっとりとした食感で、うんなかなか美味しい。
フランス カンヌ cannes フランス カンヌ cannes
メインディッシュは牛肉のパペット。よく煮込んだパペットに先ほど炒めたパスタを加えて完成。ナイフで切り裂くとジューシーな肉汁が溢れだす。
フランス カンヌ cannes フランス カンヌ cannes
食後のデザートはPAULで買ったチョコレートケーキを半分づつ食べる。PAULはフランスのどこにでもあり、品揃えはどの店でも同じだが確実な美味しさがある。

トップ   2014年10月13日月曜日/フランス滞在20日目 カンヌ2泊3日目−カンヌでお買い物

フランス カンヌ cannes フランス カンヌ cannes
@朝食を食べる
7:30朝食を食べる。この物件では最新の洗濯機が使える。Rapid30に設定すれば30分で洗濯が出来る。
フランス カンヌ cannes
Aお家の裏手はカンヌビーチ
10:30外出。最近知ったのだが、家の裏手通りを3分歩くとカンヌビーチに出られる。リビングにパラソルがあるのは何故かと疑問に思っていたのだが、こんなにもビーチが近いならそれも納得。
フランス カンヌ cannes フランス カンヌ cannes
今日は天候が荒れているのでビーチには誰も居ない。カンヌビーチの景色は雄大で、左手にサントマルグリット島、右手に山岳がそびえ立っているのが見える。天気のいい日ならビーチは人でいっぱいだろう。
フランス カンヌ cannes フランス カンヌ cannes
ビーチとビーチの間にはコンクリートの突端があり、雄大な地中海を満喫できる。
フランス カンヌ cannes
B月曜日は骨董市
ビーチからヨットハーバーを通ると常設市場に出られる。月曜日は骨董市の日。絵画や食器といったアンティークが売られている。
フランス カンヌ cannes
Cカンヌの中心街アンティーブ通りでショッピング
11:30。カンヌで一番のショッピング通りであるアンティーブ通りを歩く。1kmと少しの通りにあらゆるブランドショップが立ち並ぶ。一流の免税店が並んでいるのは海岸沿いのクロワゼット通りだが、カジュアルで使いやすい商品が売っているのはこちら。プチ・バトーやメフィストやザラなどたくさんあり、20〜40ユーロでいい商品が買える。
フランス カンヌ cannes フランス カンヌ cannes
Dフラゴナールでネコ発見
グラース発祥の香水店Fragonard(フラゴナール)。じつは香水よりもそれをパッケージングする袋や小物といった雑貨のほうが魅力的だったりする。可愛らしい雑貨が立ち並ぶ中、一番目を引いたのがネコ。35ユーロの逸品で、緑と赤紫の補色が素晴らしいぬいぐるみ。手触りがぷにゅぷにゅしている。
フランス カンヌ cannes フランス カンヌ cannes
E雨に降られ帰路につく
買物を終えるとスコールともいうべき大雨が降ってくる。慌てて近くの商店で雨宿りする。30分ほどで雨は止み晴れ上がる。
フランス カンヌ cannes フランス カンヌ cannes
Fかるい昼食
家に帰りついたのは13:00。今日は軽い昼食にする。メレンゲとパンとブドウをつまみに熱い紅茶で体を温める。
フランス カンヌ cannes フランス カンヌ cannes
G今夜の夕食
18:00夕食をつくる。前菜はモッツァレラチーズとトマトの挟み和え。メインは肉屋で買ったソーセージを野菜とコンソメで煮込んだもの。
フランス カンヌ cannes フランス カンヌ cannes
隠し味のトマトのオリーブ漬けからいい出汁がでてかなり美味しい。デザートはPAULのチョコレートマカロンだ。
フランス カンヌ cannes フランス カンヌ cannes
H今日の戦利品
今日のカンヌでのお買い物成果。以前はプチ・バトーやメフィストで買物をしていたが、最近はフラゴナールの雑貨がマイブーム。思わずたくさん買ってしまった。特に一番の目玉はネコとクマのぬいぐるみ。日本に帰ったら早速台所に飾り付けることにしよう。

トップ   2014年10月14日火曜日/フランス滞在21日目 カンヌ3泊4日目−サントノラ島へ行く

フランス カンヌ cannes フランス カンヌ cannes
@朝食を食べる
7:30朝食を食べる。備え付けの美味しい紅茶といっしょにフレンチトーストを食べる。
フランス カンヌ cannes フランス カンヌ cannes
Aカンヌを見下ろす
家を出て徒歩3分で丘の上の教会に出られる。ここからの景色は素晴らしく、いつもカンヌの全てを見下ろすことができる。
フランス カンヌ cannes フランス カンヌ cannes
B快晴のカンヌビーチ
昨日まで天気は悪かったが今日は快晴。誰もいなかったビーチも今日はたくさん。10月中旬といっても陽射しはかなり暑くて気持ちよさそう。そのまま端にある船着き場に向かう。
フランス カンヌ cannes フランス カンヌ cannes Cサントノラ島へ行く
今日はサントノラ島へ遊びに行くことにする。カンヌから見える島は2つあり、船着場から往復12ユーロで遊びに行くことが出来る。今日行くのは奥にある小さな島サントノラ島で修道院とワイン畑があるので有名なところだ。
フランス カンヌ cannes
15分で島に到着。波は高くちょっと船酔い気味。そのまま島を歩く。島の北側海岸沿いは人の手がはいっていない感じで、島に来たという実感がわいてくる。
フランス カンヌ cannes
D孤島を散策する
島の北側から南側に半周するのはゆっくり歩いても20分しかかからない。南側にはサントノラ要塞がそびえ立っている
フランス カンヌ cannes フランス カンヌ cannes
Eレランス修道院(Abbaye de Lerins)
サントノラ島は小さい島だが、レランス修道院とぶどう畑で有名な島。ここのワインは絶品でカンヌ・サミットでも振る舞われたとか。修道院は入口手前の中庭まで入れるが、基本的には部外者は立ち入れない。
フランス カンヌ cannes フランス カンヌ cannes
F高級ワインと昼食
お腹が空いてきたので昼食をとることにする。屋外を利用した島唯一のレストランで価格はそれなりにする。前菜のサラダもメインの魚料理もなかなか美味しい。
といってもこの島にきた本当の理由はレランス修道院のワインをいただくため。ボトルではかなりお高いのでグラスワインでいただくことにする。赤と白があるが今回選んだのは赤ワイン。味はあやはり素晴らしい。シャトーヌフやボルドーのメドック地区の高級ワインクラスは、すべてねっとりとしたコクがあって、バラのような香りがある。レランスのワインもそれに負けない。ただ値段とここでないと飲めない手間を考えると、シャトーヌフ=デュ=パプのワインを取り寄せて飲むほうがいいかもしれない。
フランス カンヌ cannes フランス カンヌ cannes
G地中海を満喫する
昼食後に来た船に乗ってカンヌへ戻る。お昼を過ぎると陽射しが強くなり、波も穏やかになってきた。
フランス カンヌ cannes フランス カンヌ cannes H日暮れ前のカンヌ
カンヌのヨットハーバーを散策しながら丘に登る。ここからはカンヌの全景を見下ろすことができる。
フランス カンヌ cannes フランス カンヌ cannes I今夜の夕食
18:30夕食。前菜はいつものモッツァレラチーズとトマトの挟み和えとアーティチョークの酢漬け。不思議な食感だが酸味とコクがあって美味しい。メインは肉屋で買ってきたcote filed(豚肉の肋骨部分)をこんがりとガーリック風味で焼きあげる。
フランス カンヌ cannes フランス カンヌ cannes
肉料理のなかでこのcote filedが一番美味しいかもしれない。デザートはフランス産の白ブドウ。ワインに使えるくらいのブドウで日本では味わえないコクと甘みがある。イタリア産のブドウもあるがこちらは日本産と同じく少し水っぽくえぐ味がある。

トップ   2014年10月15日水曜日/フランス滞在22日目 カンヌ4泊5日目−カンヌの浜辺を散策する

フランス カンヌ cannes フランス カンヌ cannes
@朝食を食べる
7:30朝食を食べる。いつもの通りフレンチトーストを食べてから、10時過ぎに外出する。
フランス カンヌ cannes フランス カンヌ cannes
A快晴のカンヌビーチ
今日のお天気も快晴。少し風が強く波が高いのでビーチにいる人はまばらである。
フランス カンヌ cannes フランス カンヌ cannes
浜辺から突き出た先端からカンヌを見返すと、地中海の真ん中にいるような気分が味わえる。
フランス カンヌ cannes フランス カンヌ cannes
B高級クルーザーが停泊するヨットハーバー
そのまま駐車場を横切ってヨットハーバーの側を通る。カンヌは世界有数のリゾート地なので最新のクルーザーやヨットが立ち並ぶ。旧市街に近いこちら側のヨットハーバーでは、全長80フィートクラスのクルーザーが立ち並ぶ。毎年見ているが持ち主もそうは変わらないよう。カンヌ映画祭の会場にあるJetee Albert Edouard通りでは、100フィート以上の超大型クルーザーが並んでいる。
フランス カンヌ cannes フランス カンヌ cannes
C今日のカンヌ市場
そのままサンピエール通りを横切ってカンヌ市場に向かう。
フランス カンヌ cannes フランス カンヌ cannes
Dオリーブオイルをお土産に
肉も野菜も十分買っているが、今日はお土産用に唐辛子に漬け込んだオリーブオイルを買うことにする。アルプ=マリティーム県のオリーブオイルはクセがなく美味しいので有名。
フランス カンヌ cannes フランス カンヌ cannes
E今日の昼食、オムレツとリゾット
買物を終え家に帰る。ホテルではない滞在型の旅行だと一日中外にでる日と、2時間くらいしか外に出ない日を交互に過ごす事が多い。12:30昼食をつくる。サラミハムといっしょに炒めたオムレツとニンニクのオリーブ漬け、メインは昨日の豚肉を米と煮込んだリゾット。
フランス カンヌ cannes フランス カンヌ cannes
F今夜の夕食
食器を片付け夕食の準備をしてから昼寝をする。近所のスーパーでワインとジュースを買ってきてから、18:30夕食をつくる。前菜はお昼のリゾットの残りとトマトとモッツァレラチーズの挟み和え。メインは肉屋で買った大きなソーセージを野菜とスパイス屋で買ったカレー系の香辛料でよく煮込んだもの。ピリリとした辛味がソーセージによくあう。夕食の後は日本から持ってきた映画をみたりして、23:00頃に入浴し就寝する。

トップ   2014年10月16日木曜日/フランス滞在23日目 カンヌ5泊6日目−サントマルグリット島へ行く

フランス カンヌ cannes
@夕食の仕込みをする
7:30朝食を食べた後、昨日買ってきた豚肉をフライパンでこんがりと焼いて夕食に備える。美味しい料理の秘訣は時間のあるうちに仕込みをしておくこと。
フランス カンヌ cannes フランス カンヌ cannes
Aサントマルグリット島へ行く
今日はレランス諸島でまだ行っていないサントマルグリット島へ行く。サントノラ島よりもこちらの島のほうがずっと大きくレジャー向きであるため観光客は多い。
フランス カンヌ cannes
10分ほどで島に到着。坂をゆっくりと登ると大きな砦になっていて沖の向こうにカンヌを見下ろすことができる。
フランス カンヌ cannes フランス カンヌ cannes
島はかなり大きくまともに一回りしようとすると2時間近くはかかる。島の中央は森になっていて四ツ辻のように道が開けている。なんともいえない不思議な景観が楽しめる。
フランス カンヌ cannes フランス カンヌ cannes
島の南側は海岸になっていて向こうにはサントノラ島が見える。地中海といえど、この季節の波はかなり荒々しい。
フランス カンヌ cannes フランス カンヌ cannes
ぐるっと一周して島の北側に帰ってくる。ここはビーチになっていて観光客の子どもたちが遊んでいた。この島はかなり大きく探検気分を味わうならサントノラ島よりもおすすめである。
フランス カンヌ cannes フランス カンヌ cannes
B帰宅して昼食を食べる
島から帰ってきた後、カンヌ駅そばのお惣菜屋さんで鶏肉の丸焼きと北アフリカ風の揚げパンを買う。鶏肉も付け合せのポテトも美味しいのだが、この揚げパンもくせになる味わいでなかなかのもの。
フランス カンヌ cannes フランス カンヌ cannes
C今夜の夕食
18:30夕食を食べる。朝に表面だけ焦げ目をいれた豚肉を野菜とニンニクと一緒によく煮込む。ハーブに漬け込んだ豚肉の味わいが素晴らしい。デザートは昨日PAULで買ったシンプルなチョコレートケーキを紅茶でいただく。

トップ   2014年10月17日金曜日/フランス滞在24日目 カンヌ6泊7日目−海岸を歩く

フランス カンヌ cannes フランス カンヌ cannes
@朝食を食べる
7:30朝食を食べる。家の裏手を通ってカンヌビーチへ向かう。
フランス カンヌ cannes フランス カンヌ cannes
A晴天のカンヌビーチ
今日のカンヌビーチは快晴。波は高いが陽射しは暑いくらい。
フランス カンヌ cannes フランス カンヌ cannes
絶好のサーフィン日和。波が高く何人ものサーファーが波乗りを楽しんでいる。
フランス カンヌ cannes フランス カンヌ cannes
沖合の向こうには巨大なクルージング船が停泊している。砂浜では多くの人がくつろいでいる。砂浜には無料のシャワーがあり誰でも使えるようになっている。
フランス カンヌ cannes フランス カンヌ cannes
カンヌ映画祭等のメイン会場の裏手からはカンヌ全体を見渡せる。
フランス カンヌ cannes フランス カンヌ cannes
Bお菓子を買う
PAULでお菓子を買う。買ったのは、上段にあるタルト・ケーキ。
フランス カンヌ cannes フランス カンヌ cannes
C昼食を食べる
昼食は軽くサラミとトマト・ニンニクのオリーブ漬けを食べる。デザートはさっき買ったカスタードクリーム系のタルトケーキ。
フランス カンヌ cannes フランス カンヌ cannes
D夕食を食べる
昼寝をして荷物を整理したり買物の記録をつけたりしてから、19:00夕食。いつも通りのトマト・モッツァレラチーズの前菜に、豚肉と玉ねぎにトマトソースを加えたポトフがメイン。
フランス カンヌ cannes
デザートはメロン。この時期のメロンは甘くて香ばしくて本当に美味しい。

トップ   2014年10月18日土曜日/フランス滞在25日目 カンヌ7泊8日目−海岸を歩く

フランス カンヌ cannes フランス カンヌ cannes
@朝食を食べる
7:30朝食を食べる。食卓の窓を開けると海からの気持ちいい風が入ってくる。
フランス カンヌ cannes フランス カンヌ cannes
Aアンティーブ通りでお買い物
もうすぐ日本に帰るので、カンヌのショッピングを堪能することにする。最初に行くのは男性用のシャツを売っているMARCOSERUSSI。斬新な色彩をつかったデザインが特徴。45ユーロの赤のシャツを購入した。
フランス カンヌ cannes フランス カンヌ cannes
インテリア用品を売っているお店へ行く。最近の日本でもたまに見かけるブランドBRITTOでネコと犬の置物を購入する。
フランス カンヌ cannes フランス カンヌ cannes
カーテンの老舗ブランドMADURAでカーテンを買うことにする。購入したのは右の写真にある丸形に切り開かれたカーテンと森の動物をモチーフにしたブルーの厚手のカーテン。2点で170ユーロだがいい買い物が出来た。
フランス カンヌ cannes フランス カンヌ cannes
そして最後に向かうのはやはりFragonard。香水もいいがここの小物はどれも可愛らしくてお気に入り。
フランス カンヌ cannes フランス カンヌ cannes
B今日の昼食
家に帰り13:00昼食をつくる。サラミとニンニクの漬物を前菜に、メイン料理は豚肉のトマトソース煮込みにねじ巻きパスタを和えたもの。
フランス カンヌ cannes
C荷物整理
食器を洗い昼寝をした後、荷物整理をする。今回はおみやげがかなり多い。ムスティエの陶器はクッションとなる衣類を間につめ、フラゴナールのバッグやカーテン、テーブルクロス等も反対側にうまく配置する。荷物は2人分に分け23kgを超えないように調節する。
フランス カンヌ cannes フランス カンヌ cannes
D夕食を食べる
18:30夕食をつくる。今日のメインは肉屋で買ったパペットをトマトソースとコンソメで煮込んだもの。ジューシな味わいでとても美味しい。

トップ   2014年10月19日日曜日/フランス滞在26日目 カンヌ8泊9日目−最終日

フランス カンヌ cannes
@朝食を食べる
今日はフランス滞在の最後の日。7:30に朝食を食べ、ゆっくりカンヌの最後の一日を楽しむことにする。
フランス カンヌ cannes フランス カンヌ cannes
Aバスの便を確認する
明日帰国するのでニース空港行きのバスの便を確認する。
フランス カンヌ cannes フランス カンヌ cannes
B今日のカンヌビーチ
今日のカンヌビーチも快晴。沖合にはフライボードで空中を自在に飛び回る2人がいる。
フランス カンヌ cannes フランス カンヌ cannes
C蚤の市で絵を買おう
市庁舎横のLiberte Charles de Gaulle通りでは、土日蚤の市が開かれている。かなり規模が大きく品揃えもいい。家具や小物も安くていいが、今回は小さめのサイズの絵を買うことにする。CannnesとAntibesの景色をスケッチした絵が気に入ったので購入する。プリントされた複製画なので1枚5ユーロくらいですむ。
フランス カンヌ cannes フランス カンヌ cannes
D昼食を食べる
家に帰り昼食を食べる。モッツァレラチーズとお惣菜屋で買った牛肉が前菜。メインは豚肉をトマトソースで煮込んだものにマカロニをそえたもの。
フランス カンヌ cannes
窓からフランスの空をみあげると色々なことが思い出される。リヨンからはじまりボルムレミモザそしてカンヌに行き着く今回の旅ももうすぐ終わる。
フランス カンヌ cannes フランス カンヌ cannes
D夕食を食べる
18:30夕食を食べる。家の中を掃除しいらないものもゴミに出した後なので、簡単な食事ですませる。

トップ   2014年10月20日月曜日/フランス滞在27日目 カンヌ9泊10日目−日本へ帰る

フランス カンヌ cannes
@朝食を食べる
5:30起床。朝食を食べ、忘れ物がないかチェックする。
フランス カンヌ cannes
A夜明け前のカンヌ
6:15にマダムが訪ねてきてくれた。家のチェックと鍵を手渡し抱き合ってお別れをすませる。重いトランクをもって外にでるとまだ真っ暗。そのままバス停まで向かうがトランクが重いので休み休み進んでいく。7:00に空港行きのバスが来たので、トランクを預けそのまま乗り込みニース空港へ。
フランス カンヌ cannes フランス カンヌ cannes
Bニース空港
自動発券機でチェックインをすませ待機する。中に入ってからPAULでマカロンとケーキを買う。機内食はあまり好きでないので、毎回これを買って食べることにしているのだ。
フランス カンヌ cannes
Cさよならフランス
1時間でシャルル・ド・ゴール空港に到着。乗り換えに少し戸惑うが、そのまま無事に大阪へ帰る便に乗り込む。これで今回のフランス旅行はおしまいである。

TOP     カンヌ(Cannes)1

フランス カンヌ cannes フランス カンヌ cannes フランス カンヌ cannes フランス カンヌ cannes フランス カンヌ cannes フランス カンヌ cannes フランス カンヌ cannes フランス カンヌ cannes

   ・広さ:36 u  ・浴槽あり  ・エレベーターあり  ・etage 1(2階)

TOP     リヨン(Lyon)1

フランス リヨン lyon フランス リヨン lyon フランス リヨン lyon フランス リヨン lyon フランス リヨン lyon
フランス リヨン lyon

   ・広さ:35 u  ・シャワーあり  ・エレベーターあり  ・etage 1(2階)
 ■ 鉄道でアクセス

 シャルル・ド・ゴール国際空港 〜 リヨン 約2時間 乗車券検索はこちらから

TOP     ナント(Nantes)1

フランス ナントnantes フランス ナント nantes フランス ナント nantes フランス ナント nantes フランス ナント nantes
フランス ナント nantes

   ・広さ:28 u  ・シャワーあり  ・エレベーターあり  ・etage 4(5階)
 ■ 鉄道でアクセス

 シャルル・ド・ゴール国際空港 〜 ナント 約3時間10分 乗車券検索はこちらから

TOP     ボルドー(Bordeaux)1

フランス ボルドー bordeaux フランス ボルドー bordeaux フランス ボルドー bordeaux
フランス ボルドー bordeaux フランス ボルドー bordeaux

   ・広さ:40 u  ・浴槽あり  ・エレベーターなし  ・etage 1(2階)
 ■ 鉄道でアクセス

 シャルル・ド・ゴール国際空港 〜 ボルドー 約4時間30分 乗車券検索はこちらから

TOP     パリ4区(Paris)1

フランス パリ4区paris IV フランス パリ4区 paris IV フランス パリ4区 paris IV フランス パリ4区 paris IV

   ・広さ:32 u  ・シャワーあり  ・エレベーターあり  ・etage 4(5階)

TOP     フランス人がデザインした空間

フランス 旅行

 私達が提供するのは、実際にフランス人が生活する空間です。オーナーが、こんな風に過ごしてほしいと考えてデザインされた住居です。日本でどんなにお金を払っても体感できない空間で、日本では想像できないフランスの暮しを実現してください。
フランス 旅行
 ホテルでは味わえない広々とした居間やベッドルーム
 1週間ここはあなただけのお城です

 難しい手続きは必要ありません。フランス語が話せる必要はありません。たった1週間でもいいから、フランス人の生活を体と心で体感したい、そんな方におすすめです。

TOP     誰でもできる暮しのマニュアル

フランス 旅行

 添乗員もガイドもなく旅立つことに不安を感じると思います。
・現地の滞在先にどう行ったらいいのか?
・滞在する家で洗濯や料理はどうしたらいいのか?
 私達の滞在経験から、これらの問題をどのように解決していくかをマニュアル化しお渡ししています。 フランス 旅行
 マルシェで買物、ちょっとフランスのお洒落なキッチンで
 料理する貴方を思い浮かべてください

 日本ではないフランスで、自炊すると不思議な感覚が芽生えます。日本ではない異国でも、一人でやっていける自信と感覚があなたのものに。
 ・自炊したことがない ⇒ レストランに行きましょう
 ・フランスの台所が使えるかしら ⇒ コンロの使い方・スーパーの買物を参照ください
 ・毎日何を作ったらいいか分からない ⇒ 朝はフランスパンと卵料理とコーヒ。お昼は外食(おすすめのレストランをお教えします)。夜はコンソメスープとスパゲティ、余裕があるなら肉料理にも挑戦してみましょう

TOP      見積り無料

フランス 旅行

 お気軽にご相談ください。トップ右上のフランス 旅行「見積り無料・お問い合わせ」をクリックするとメールフォームが開きます。予算・人数・滞在日数・出発月を記入してください。そして「具体的なご要望・お問い合わせ」で詳細をご記入ください。 フランス 旅行
 今日は歴史地区へ、明日はショッピングざんまい
 貴方だけの1週間ゆっくりのんびり時は過ぎていきます

 お見積りにご満足いただければ、私達が物件のオーナーと直接交渉します。この手続には約3日前後かかります。
 スイートルームより豪華な邸宅から、こじんまりとした自分にあった過ごしやすい空間まで自由にお選びいただけます。おすすめは街の中心にある25〜50uの空間で1週間1300ユーロ(日本円で約19万円)、買物も観光も徒歩で快適に過ごしていただけます。
 ほかにも、150u以上のプール付きの豪邸(1週間で4000ユーロ:日本円で約56万円)などご希望に応じて手配いたしますので、お気軽にご相談ください。

TOP     フランスであるならどの都市でもお選びいただけます

フランス 旅行

 ツアーで訪れた街、大きなドアの向こう
 どんな住まいがあるのかしら

 フランスと聞くと、パリの街を思い浮かべます。でも魅力的なフランスは、パリだけではありません。ナント(Nantes)、ボルドー(Bordeaux)、カンヌ(Cannes)がどんなに暮らしやすいかご存じですか?
 そんな街で、添乗員もガイドも連れず、思うがままに街を歩き、買い物をし、レストランで食事をし、買ってきた食材を台所で調理する、そういう暮しをフランスで実現できるようお手伝いいたします。
フランス 旅行

TOP     パリ以外の都市をめぐる

フランス 旅行

 フランスと聞くと、パリという思い込みがあります。
 しかし、せっかくフランスへ旅立つなら、もっと色々な都市を訪れることをおすすめします。
 「2都市周遊 / パリ滞在を含む」をクリック
 エールフランス航空のサイトを開いてください。そして、「2都市周遊 / パリ滞在を含む」を選択してから、「フライトを追加」をクリックしてください。すると、好きなだけ周遊都市を追加することができます。
 これを利用すると第1週はパリ、第2週はナント(Nantes)、第3週はボルドー(Bordeaux)、第4週はマルセイユ(Marseille)は、第5週はニース(Nice)で過ごして日本へ帰国するというプランをたてることが可能です。
 予算はどうなるでしょう?驚くべきことに1都市を追加しても約20,000円しか追加されません。つまり、パリだけで過ごすよりも、フランスの色んな都市を経由したほうがお得ということです。
 空港コードをつかう
 空港名を入力するときは、空港コードを使えば一瞬で完了します。空港コードは以下の通りです。成田(NRT)・関空(KIX)・パリ(CDG)・ナント(NTE)・ボルドー(BOD)・マルセイユ(MRS)・ニース(NCE)。

TOP      予算はどのくらい?

フランス 旅行

 予算はどれくらい?
 フランスにとりあえず行きたいという方は、一般的な格安ツアーをおすすめします(パリ4泊で約15万円)。
 私達が提供するのは、格安ツアーではありません。7泊単位でお好みの物件を確保し、空港-物件の間の送迎を手配します。物件の広さにもよりますが、1〜4名で1週間自由に滞在していただくにはそれなりの予算がかかります。
 街の中心にある25〜50uの物件で1週間1300ユーロ(日本円で約20万円)、買物も観光も徒歩で快適に過ごしていただけます。
 航空券をのぞく予算は、7泊で1つの都市に滞在して20万円。14泊で2つの都市に滞在して40万円、21泊で3つの都市に滞在して60万円が目安になります。
 予約金について
 見積もりにご満足いただければ、予約金をお支払いください。予約金は1都市につき約5万円かかります。一度予約すると、予約金の返還は不可能となりますので、よくご検討ください。
 航空券について
 航空券はお客様の方で手配していただくか、こちらのほうで手配するかお選びいただけます。こちらで手配する場合はお客様の氏名・パスポート番号と、私達への振り込み手続きが必要です。
※航空券の手配は返金が不可能となりますのでご了承ください。
 保証金について
 物件によっては、現地到着後オーナーに保証金を支払うことがあります。500〜800ユーロの現金紙幣を到着日に手渡し、最終日に破損がなければ全額返還していただけます。
  ※設置された家具等に著しい破損を生じさせない限り、保証金は返還されます。

TOP      具体的な過ごし方

フランス 旅行

 到着1日目に確認すること
 旅の疲れがとれた2日目から本格的に活動できます。といっても何をしようと1週間は自由ですので好きにしてください。けれどとりあえずやっておくべきことは、物件の鍵を使って扉の開け閉めを確認する 貴重品はトランクに入れて鍵をかける 台所用品を使ってお茶をいれてみる くらいでしょうか。
フランス 旅行

 外出してみよう
 次に外出して目指すべきことは、パン屋を探してバゲット(Baguette)-1ユーロ未満のフランスパンを買ってみる スーパーを探して飲物・コンソメ・サラミ・卵・その他を買ってみること です。フランスでの外出はパン屋・スーパーの2つが基本になります。パン屋・スーパーの場所は事前に地図でお教えしますのでご安心ください。
フランス 旅行

 私たちの過ごし方
 私達の場合は、9時頃にパン屋とスーパーで買い物をし、ついでに街の中心を散策し12時過ぎにレストランに入り食事をします。それで14時頃になりますので、いったん物件に帰ってお昼寝や荷物の整理をして、17時頃から夕食の準備をします。フランスの治安は安全ですが、夜外食するのは気が進まないので(最近のフランスでは昼食のほうが美味しくて安い傾向にあります)なるべく自炊するようにしています。夕食の作り方については誰でもできるものを別枠で紹介していますのでそちらをご覧ください。

TOP      出発日にこなすこと

フランス 旅行

 出発日にこなすこと
 出発日前にお渡しするマニュアルをお使いください。
フランス 旅行

 ご自宅から空港まで
・ご自宅から空港までの移動
・空港についてから行うべき手続き
(空港配送業者からの荷物の受取り、通貨の購入、Wi-Fi端末の借用等)
・目的の航空カウンターで、航空券の受取りとトランクの預け入れ
・手荷物チェック終了後から目的のターミナルへの移動
・航空機に乗り込んでからの機内での過ごし方
フランス 旅行

 シャルルドゴール空港
・シャルルドゴール空港(CDG)到着後からの乗り継ぎ方法
・乗り継ぎ時の手荷物チェックから目的のターミナルへの移動
・乗継便に乗り込み、目的地到着
フランス 旅行

 送迎からオーナー立会
・トランクを回収後、出口ゲートで手配してあるタクシー業者の発見
・物件前到着後、携帯によるオーナーの呼び出し
(指定した時間にオーナーがお待ちしています)
フランス 旅行

 物件の案内
・オーナーによる物件の案内
(コンロ・洗濯機の使い方を教えてくれます)
・保証金の支払い
(著しい破損を生じない限り、最終日に返却されます)
・荷物から着替えを取り出しシャワーを浴びて就寝の準備
1日目は以上の工程をこなすことになります。

TOP      次の街へ向かおう

フランス 旅行

 出立日
 1週間を無事に過ごしたら次の街へ向かいましょう。指定した時間にオーナーがインターホンを鳴らして訪ねてきます。その際著しい破損や紛失がないか部屋をチェックしますが、まず問題ありませんので、入居時に預けた保証金を返済してくれます。後は忘れ物がないことを確認して(忘れ物があってもどうにもなりませんので前日に全てトランク・手荷物に入れておいてください)オーナーにお礼を行って部屋を出てください。
フランス 旅行

 送迎について
 こちらが指定した時間にタクシーが迎えにきますので、そのまま乗り込めば空港に向かってくれます。
フランス 旅行

 空港から次の街へ
 空港に着いたら電光掲示板から指定の便を探し、指定された航空会社のカウンターへ向かってください。こちらで用意した書類とパスポートを渡せば航空券の発行とトランクの預入れをしてくれます。後は手荷物チェックをすませ指定のターミナルで航空機に乗り込めばOKです。

TOP     フランスの洗濯機の使い方

フランス 旅行

1.ダイヤルをRapide 30min(30分モード)にあわせる。
※英語ならChrono 30を選択。
2.スタートボタン(March Arret)を押す。
※英語ならDepartを選択。
3.洗濯物が完了したら、ダイヤルを0に戻す。

TOP     アパルトメントの鍵

フランス 旅行

アパルトメントの鍵は、共通玄関と個人玄関の2種類がある。
※共通玄関はオートロック。

TOP     フランスのゴミの捨て方

フランス 旅行

ゴミ箱は路上のあちこちにある。種類・曜日は問わないので、いつでも捨てに行くことができる。
※ゴミ袋はスーパーで売っている。

TOP     フランスのパン屋

フランス 旅行

小型のフランスパン(baguette:バゲット)は0.9ユーロ。
大型マカロン(macaron:マカロン)は2.7ユーロ。
タルトケーキ(TART:タルト)は4ユーロ。

どのパン屋でも、baguette(バゲット)といえばフランスパンを購入できる。
大型マカロンは、緑(ピスタチオ)、赤(フランボワーズ)、黒(チョコ)、黄色(レモン)等がある。

TOP     フランスの手作り雑貨

フランス 旅行

朝市では小物が売られている。お店にはない手作り品なので買ってみるとよい。
価格は5〜10ユーロ。
サントロペ、ボルム・レ・ミモザの朝市がおすすめ。

TOP     カンヌの朝市

フランス 旅行

カンヌ(Cannes)の朝市は火曜日から日曜日の12時30分まで開いている。
カンヌで借りれる物件からは徒歩5分の距離で、野菜・果物・肉・チーズ・蜂蜜・魚介類を購入できる。

TOP     フランスの調理器具

フランス 旅行

どの物件にも鍋・皿・その他の調理器具は完備している。
塩など最低限の調味料も揃っているので自由に使うと良い。

TOP     フランスのガスコンロの使い方

フランス 旅行

日本製と違ってマッチを使って点火する。
1.マッチを擦って種火をつくる。
2.ダイヤルを回しガスを入れる。
3.マッチを近づけ点火する。

※噴出するガス量が多いので、必ずマッチをすってからダイヤルをまわす。
※フランスのマッチは長いので、安全に点火できる。
※備え付けのマッチ(allumette:アリュメット)がない場合はスーパーで購入できる。

TOP     フランスの電気コンロの使い方

フランス 旅行

黒いパネルにスイッチがあるので、なぞるように触れる。
1. 電源スイッチを入れる。
2. 3つあるコンロのうち使いたいものを選び、+のスイッチを押す。
※1〜9以上の火力を選択できる。

注意1 鍋の大きさと、円の大きさが一致しない限り、動作しない。動作していないときは、数字が点滅している。
注意2 スイッチパネル以外は触れてはいけない。高温でやけどをする可能性があるから。

TOP     フランスのスーパー

フランス 旅行

スーパーの使い方
1.レジ入り口にプラスチックのカゴがある。
2.野菜は薄いビニール袋がそばにあるので、そこに入れる。
3.レジにもっていくと清算してくれる。金額はレジに表示される。
※ビニール袋はくれないので自前の袋をもっていく。

毎日買うもののおすすめ
1.チーズコーナーでMozzarella(モッツァレラチーズ)。
※1.5〜2.5ユーロ、薄切りにしたトマトにあわせオリーブオイル・塩をかけると前菜になる。
2.ビール・炭酸飲料コーナーでCidre Doux(リンゴ酒)。
※2.5〜3.5ユーロ、2種類あるがDouxの方を選ぶ。Brutの方はアルコール度数が高く、甘くない。

TOP     フランスの冷蔵庫

フランス 旅行

スーパーで購入した食材は冷蔵庫で保存するとよい。
写真は、朝市で購入した果物(メロン・ブドウ)、タッパに塩漬けした肉、ワイン、生クリーム、モッツァレラチーズ。
※あまり冷えないときは、冷蔵庫内のダイヤルを回して調節する。

TOP     フランスの飲物

フランス 旅行

飲物はスーパーで購入するとよい。
ワイン・炭酸飲料・シードル・フルーツジュースがおすすめ。

ワイン 3〜7ユーロ
炭酸飲料(カナダドライ等) 3ユーロ
シードル(Cidre Doux) 3ユーロ
100%フルーツジュース(アップル・パイナップル・グレープフルーツ・オレンジ) 4ユーロ
※ワインはワインショップよりスーパーで購入するほうが安くて美味しい。
おすすめはコート・デュ・ローヌ(Cotes du Rhone)や地場ワイン(Vin de pays)。

TOP     フランスのコーヒーメーカー

フランス 旅行

どの物件でもコーヒーメーカーは置いている。
お湯を沸かすとき、紅茶を入れるときに使うとよい。
※フランスの水は、日本の水より紅茶が美味しく入れられる。

TOP     フランスの電動シャッター

フランス 旅行

新型物件の窓は、電動式のシャッターになっている。
↑↓のスイッチでシャッターは開閉する。
夜間や気になる場合は、シャッターを閉めておくとよい。

TOP     フランスのお昼の定食

フランス 旅行

フランス語で、単品の定食は plat du jour(プラ ドゥ ジュール)。

前菜・メイン・デザートの3品が選べる定食は menu du marche (メニュ ドゥ マルシェ)。
*****の区切りごとに7品から1品を選び、合計3つの料理が食べられる。
写真のメニューを例にすると、前菜/イワシのリゾット・メイン/豚のリブの丸焼き・デザート/レモンタルトの3皿で11.9ユーロという頼み方ができる。
※menu du marcheのようなサービスをしているレストランは、例外なく味が美味しい。

TOP     レストランの注文の仕方

フランス 旅行

1.表にある黒板のメニューをみる。
2.店に入ると店員が来るので、こちらの人数を指定すると席に案内してくれる。
※ 2人なら Deux personnes(ドゥ ペルソンヌ)、3人なら Trois personnes(トロワ ペルソンヌ)という。
  発音しながら、指で人数を指定するとよく通じる。
3.注文したいメニューが決まったら、1人1人別々に注文する。
※ メニューを指さして Ceci(セシ)と発音する。
4.食べ終わったら、手をあげて店員を呼んで L'addition S'il vous plait(ラディシオン シルブプレ)と発音する。
※ その際クレジットカードをみせるとすぐに端末をもって決済してくれる。

TOP     フランスの高級ハーブ

フランス 旅行

一部の市場には、高級調味料であるハーブが売られている。
適当に使うだけで、肉料理・スープ・サラダがはね上がる程に美味しくなる。
売っている市場は、カンヌ・アンティーブ・サントロペ・ボルム・レ・ミモザの4つに限られる。

大カップ1杯6ユーロで、大体30回以上使える。
おすすめは、Melange Poisson・Melange Salade・Melange Maison・Herbes Provence などミックス系。
※Melange はミックスという意味。
どのハーブでも、魚・肉・ポテト・サラダ・揚げ物に使えるのでお好みで。

トップへ  フランスのお祭り

■ラ・フォル・ジュルネ La Folle Journee (音楽フェスティバル)
1月30日〜2月3日(予定)
開催地 ナント Nantes
1コンサート約50分、20ユーロ前後で約300にものぼるコンサートが行われる。

■ミモザ祭 Fete du mimosa
2月15日〜24日(予定)
開催地 マンドリュー・ラ・ナプール Mandelieu-la-Napoule(コート・ダジュール地方)
マルシェや展示会が開催される。パレードは有料。

■ニースのカーニヴァル Carnaval de Nice
2月15日〜3月6日(予定)
開催地 ニース Nice(コート・ダジュール地方)
マルシェや展示会が開催される。パレードは有料。

■レモン祭り Fete des citrons
2月16日〜3月6日(予定)
開催地 マントン Menton (コート・ダジュール地方)
柑橘類で作られた山車が練り歩くパレード。

■すみれ祭り Fete des violettes
3月9日、10日(予定)
開催地 トゥーレット・シュル・ルー Tourettes-sur-Loup(コート・ダジュール地方)
民族衣装を身に着けたグループが集まり、14時30分からすみれで飾られた山車が練り歩くパレード。

■春の闘牛 Feria de Paques
3月29日〜4月1日(予定)
開催地 アルル Arles(プロヴァンス地方)


■牧童祭 Fete des Gardians
毎年5月1日(予定)
開催地 アルル Arles (プロヴァンス地方)
牧童たちが馬に乗って行進。午後には闘牛が開かれる。

■ラ・ブラバード祭 La Bravade
毎年5月16日〜18日(予定)
開催地  サン・トロペ St-Tropez(プロヴァンス地方)
銃を撃ち鳴らしながら兵士が町を練り歩くお祭り。

■カンヌ国際映画祭 Festival International de Cannes
5月15日〜26日(予定)
開催地 カンヌ Cannes(コート・ダジュール地方)
一般の人は入れないイベント。

■モナコ・グランプリ Grand Prix Automobile de Monaco
5月27日(予定)
開催地 モナコ Monaco(コート・ダジュール地方)


■移牧祭 Fete de la Transhumance
5月28日(予定)
開催地 サン・レミー・ド・プロヴァンス Saint-Remy-de-Provence(プロヴァンス地方)
3,000頭以上の家畜が放牧地へ移動する祭り。

■中世祭り Journee Medievale
6月(予定)
開催地 オランジュ Orange(プロヴァンス地方)


■ブドウの花の開花宣言 La Fete de Printemps de la Jurade
6月17日(予定)
開催地 サン・テミリオン Saint-Emilion (アキテーヌ地方)
6月の開花宣言と9月のブドウ摘み宣言の祭り。

■タラスク祭 Fete de la Tarasque
6月22日〜25日(予定)
開催地 タラスコン Tarascon (プロヴァンス地方)


■衣装祭り Fete du costume
7月(予定)
開催地 アルル Arles (プロヴァンス地方)
伝統的な衣装を着た人々によるパレード。

■エクス・アン・プロヴァンス音楽祭
7月4日〜26日(予定)
開催地 エクス・アン・プロヴァンス Aix-en-Provence(プロヴァンス地方)


■アヴィニョン演劇祭 Festival d'Avignon
7月5日〜27日(予定)
開催地  アヴィニョン Avignon (プロヴァンス地方)


■ジャスミン祭 Fete du jasmin
8月5日〜7日(予定)
開催地 グラース Grasse (コート・ダジュール地方)


■収穫の闘牛祭 Feria des vendanges
9月13日〜16日(予定)
開催地 ニーム Nimes(ラングドック・ルシヨン地方)


■ジプシー祭 Pelerinage des Saintes-Maries
10月20日、21日(予定)
開催地 サント・マリー・ド・ラ・メール Saintes-Maries-de-la-Mer(プロヴァンス地方)


■南フランスのクリスマスイベント
11〜12月(予定)
開催地 エクス・アン・プロヴァンス、アルル、タラスコン、サン・レミ・ド・プロヴァンス、マルセイユ他

TOP     現地でつかうフランス語表現

Merci pour votre reponse.
メルシー プル ボトル レポンス
お返事ありがとう。
Thank you for your answer.

S'il vous plait verifier.
シルブプレ ヴェリフィエ
確認してください。
Please check.

Je veux faire une reservation.
ジュ ブ フェール ユヌ レセルヴァシオン
私は予約をしたいと思います。
I want to make a reservation.

Nous sommes deux japonais.
ヌ ソンム ドゥ ジャポネ
私達は2人とも日本人です。
We're both Japanese.

Arrivee : 13 octobre 2012
アリベ トラント オクトブレ ドゥミル ドゥルべ
到着日:2012年10月13日
Arrival: 13 October 2012

Depart : 19 octobre 2012
デパール ディズヌフ オクトブレ ドゥミル ドゥルべ
出発日:2012年10月19日。
Departure: 19 October 2012

Nous arrivons a 1:00 le 13 octobre.
ヌ ザリボン ア ユヌール ル トラント オクトブレ
私達は10月13日の13:00に到着します。
We arrived at 1:00 on October 13.

Je suis desole.
ジュ スイ デゾレ
申し訳ありません。
I'm sorry.

Je vous remercie pour toujours.
ジュ ヴ レメルシエ プール トゥジュール
いつも有難うございます。
Thank you for always.

Je l'ai reserve l'autre jour.
ジュ レ レゼルヴェ ロトル ジュール
私は先日予約した。
I booked the other day.

Veuillez m'enseigner le total de paiement ?
ヴェウレ マンセイネル ル トタル ドゥ パイエマン
私に支払い総額を教えてください。
Please teach me the total payment?

Mon nom est Ueda.
モン ノム エ ウエダ
私の名前は上田です。
My name is Ueda.

Nous somme 2 personnes.
ヌ ソンム ドゥ ペルソンヌ
私たちは2人です。
We are 2 people.

Reservation de diner.
レゼルヴァシオン ドゥ ディネ
ディナーの予約
Reservation for dinner.

Je veux reserver le diner pour 2 personnes.
ジュ ブ レゼルヴェ ル ディネ プール ドゥ ペルソンヌ
私は2人で夕食を予約したい。
I want to book dinner for 2 people.

Nous voulons appliquer a tour de vin aujourd'hui.
ヌ ヴロン アプリケ ア トゥール ドゥ ヴァン オジュルドゥイ
今日のワインツアーに私たちは申し込みたい。
We want to apply to wine tour today.

Puis-je vous payer en avance?
ピュイジュ ヴ ペイエ アン アヴァンス
前金で支払うことはできますか?
Can I pay in advance?

Especes ou par carte de credit.
エスペセ ウ パル カルト ドゥ クレディ
現金かクレジットカード
Cash or credit card.

S'il vous plait ecrivez ici.
シル ヴ プレ エクリヴェ イシ
ここに書いてください。
Please write here.

Parlez-vous anglais?
パルレ ヴ アングレ
英語は話せますか?
Do you speak English?

Merci pour aujourd'hui.
メルシ プール オジュルドゥイ
今日はありがとう。
Thank you for today.

Nous sommes des touristes japonais.
ヌ ソンム デ トゥリステ ジャポネーズ
私たちは日本人の観光客です。
We are Japanese tourists.

C'est tout.
セ トゥ
以上です。
That's all.

Ceci, ceci et ceci et cela.
セシ セシ エ セシ エ セラ
これとこれとこれとこれ。
This, this and this and that.

Merci.
メルシー
ありがとう。
Thank you.

Je suis heureux.
ジュ スイ ウール
私は満足している。
I'm happy.

Je l'ai compris.
ジュ レ コンプリ
私は理解した。
I understood.

C'est Ueda qui a fait des reservations.
セ ウエダ キ ア フェ デ レゼルヴァシオン
予約していた上田です
This is Ueda who made ??reservations.

C'est bon.
セ ボン
これは良いです
This is good.

Je ne le comprends pas bien.
ジュ ヌ レ コンプラン パ ビアン
分かりません。
I do not understand.

Ou sont les Toilet ?
ウ ソン レ トワレット
トイレはどこですか?
Where is the Toilet?

Je veux un billet.
ジュ ブ アン ビジェ
チケットをください。
I want a ticket.

De Paris a Lyon.
デゥ パリ ア リオン
パリからリヨンへ。
From Paris to Lyon.

Cette cuisine.
セットゥ キュイジヌ
このキッチン。
This kitchen.

Ici.
イシ
ここ。
here.

C'est deux personnes.
セ ドゥ ペルソンヌ
二人です。
It is two people.

Je veux ceci.
ジュ ブ セシ
私はこれが欲しい。
I want this.

Ca fait combien?
サ フェ コンビアン
おいくらですか?
How much is?

3 nuits.
トロワ ニュイ
3泊です。
3 nights.

Remplissez cette fiche, s'il vous plait.
レンプリッセ セット フィッシェ シル ブ プレ
このフォームに必要事項を記入してください。
Fill out this form, please.

Payez d'avance, s'il vous plait.
ペイエ ダヴァンス シル ブ プレ
前払いでお願いします。
Pay in advance, please.

Le petit-dejeuner est a partir de quelle heure?
ル プティディジョネ エ ア パルティール ドゥ ケルール
朝食は何時からですか?
The breakfast is from what time?

Apportez ma valise a ma chambre, s'il vous plait.
アポルテ マ ヴァリーズ ア マ シャンブル シル ブ プレ
私の部屋に私のスーツケースを持ってきてください。
Bring my suitcase to my room, please.

Le telephone ne marche pas bien.
ル テレフォネ ヌ マルシェ パ ビアン
電話が壊れています。
The phone does not work well.

Je pars maintenant.
ジュ パール マントゥナン
今から出発します。
I'm leaving now.

Il y a une erreur sur la note.
イリヤ ユヌ エルール シュ ラ ノート
勘定を間違えています。
There was an error on the note.

Appelez un taxi pour l'aeroport, s'il vous plait.
アプレ アン タクシ プール ラエロポール シル ブ プレ
空港までのタクシーを呼んで、お願いします。
Call a taxi to the airport, please.

Excusez-moi, je cherche le musee.
エクスキューゼモワ ジュ シャルシェ ル ミュゼ
すみません、私は博物館を探しています。
Excuse me, I'm looking for the museum.

Allez tout droit.
アレ トゥ ドロワ
真直ぐ進んで下さい。
Go straight.

Deuxieme rue a droite ( a gauche).
ドゥジエム リュ ア ドロワ(ア ゴーシュ)
右側にある2番目の通り(左)。
Second street to the right (left).

Un carnet, s'il vous plait.
アン カルネ シル ブ プレ
回数券をください。
A book, please.

Un billet, aller-retour, pour Dijon, s'il vous plait.
アン ビジェ アレレトゥール プール ディジョン シル ブ プレ
ディジョンへの往復券をください。
Ticket, return to Dijon, please.

Seconde, et Non-fumeurs, s'il vous plait.
セコンド エ ノンフュミュール シル ブ プレ
二等、禁煙席をお願いします。
Second, Non-smoking, please.

La reservation sur le TGV de 14 h 20 pour Bordeaux,s'il vous plait.
ラ レセルヴァシオン シュル ティージィーブイ ドゥ カトルーズウール ヴァン プール ボルドー シル ブ プレ
ボルドーへTGV、14時20分で予約をお願いします。
Booking on the TGV to Bordeaux 14 h 20, please.

De quel quai part le train pour Tours?
ドゥ ケル ケ パール ル トラン プール トゥール
トーゥル行きの列車はどのホームですか。
Which platform does the train to Tours?

Ce train arrive a Marseille a quelle heure?
セ トラン アリヴェ ア マルセイユ ア ケルール
この列車は何時にマルセイユに着きますか。
The train arrived in Marseille at what time?

Est-ce qu'il y a un autobus pour le chateau?
エス キリヤ アン オトビュス プール ル シャトー
城へ行くバスはありますか。
Is there a bus to the castle?

Je voudrais louer une bicyclette (une voiture).
ジュ ブドレイ ルエ ユヌ ビシクレット(ユヌ ヴォワテュール)
自転車(自動車)を借りたいのですか。
I would like to rent a bicycle (a car).

TOP     フランスのファションブランド

4 Me by Julie Bernardin  
(フォーミー by ジュリー・ベルナルディン)
デザイナーはJulie Bernardin(ジュリー・ベルナルディン)が2005年に立ち上げたアクセサリー・ブランド。
日本販売店

A.P.C.
(アー・ペー・セー)
A.P.C. は 1987年にジャン・トゥイトゥによって創設されたパリを拠点とするレディス・メンズの略称。
日本販売店

ALAIN MIKLI
(アランミクリ)
エステティックのTBCのCMでのキムタク、サッカーの中田が使用した眼鏡のフランスのデザイナー。
日本販売店

Annick Goutal
(アニックグタール)
アニックグタールは、創業者であるアニックによって作られた良質な香水ブランドです。
日本販売店

ANTOINE PREZIUSO
(アントワーヌプレジウソ)
アントワーヌプレジウソはスイスの時計学校を卒業し、1993年にオリジナル時計ブランド「シエナ」を設立。
日本販売店

arena
(アリーナ)
フランス発のスポーツウェアブランド。
日本販売店

Aubade
(オーバドゥ)
140年の歴史をもつ老舗ランジェリーブランド。
日本販売店

Baby Dior
(ベビーディオール)
1967年にDiorから発表されたベビー向けグッズ。
日本販売店

Baccarat
(バカラ)
1784年に創立したフランスの高級クリスタルブランド。
日本販売店

BENSIMON
(ベンシモン)
フランスのファッションブランド。足をほっそりと見せてくれるスニーカーが有名。
日本販売店

bonbonwatch
(ボンボンウォッチ)
ボンボンとは、フランス語で”キャンディー”の意味。丸みのある可愛らしいフォルムが特徴の手作り時計ブランド。
日本販売店

Bonpoint
(ボンポワン)
フランスの子ども服ブランド。
日本販売店

BOUCHERON
(ブシュロン)
1858年創業、パリ万国博覧会での受賞をはじめ19世紀から活躍してきたジュエリーブランド。
日本販売店

BREGUET
(ブレゲ)
天才時計技師といわれているアブラアン・ルイ・ブレゲによって1775年パリに最オープン。フランスのマリー・アントワネット王妃の要望による複雑時計を手がけ現在の時計のメカニズムのほとんどを発明した。
日本販売店

Brontibay Paris
(ブロンティベイパリ)
フランス発のおしゃれなバッグブランド。
日本販売店

Cacharel
(キャシャレル)
1962年フランスで誕生したアパレルブランド。
日本販売店

Cartier
(カルティエ)
カルティエフランスのジュエリー・高級時計ブランド。
日本販売店

CASTELBAJAC
カステルバジャック
ジャン・シャルル・ドゥ・カステルバジャックが手がけるブランド。1974年に初コレクションを発表し、1978年にジャン・シャルル・ドゥ・カステルバジャック社を設立。
日本販売店

CELINE
(セリーヌ)
1945年に子供靴のブティックとして創業、1969年にはプレタポルテコレクションを発表後トータルブランドに。
日本販売店

CHANEL
(シャネル)
1910年ココ・シャネル(本名ガブリエル・シャネル)がパリで開いた帽子店が始まり。
日本販売店

CHARLES JOURDAN
(シャルル・ジョルダン)
1921年創業のフランスのシューズブランド。
日本販売店

Chloe
(クロエ)
1952年、エジプト生まれのパリジェンヌ、ギャビー・アギョンによって創設。
日本販売店

Christian Louboutin
(クリスチャンルブタン)
1992年に創業したフランスのシューズブランド。
日本販売店

Christofle
(クリストフル)
1830年創業、各国の大使館で「食卓の芸術品」として広く愛用される銀製品。
日本販売店

Dior
(クリスチャンディオール)
フランス出身のファッションデザイナークリスチャン・ディオール(Christian Dior)のブランド。
日本販売店

diptyque
(ディプティック)
1963年創業、1968年には最初のオードトワレ「ロー(L’Eau)」を発売。
日本販売店

DORE DORE
(ドレドレ)
1819年に創業した老舗靴下&タイツブランド。
日本販売店

fauchon
(フォション)
パリ、マドレーヌ広場の一角をしめる、お洒落なフードブティック。食器やロゴバッグなども人気。
日本販売店

EMILIO ROBBA
(エミリオロバ)
エミリオ・ロバは“水”を演出したクチュールフラワー「イリュージョン」シリーズを代表とするモダンアーティスト。
日本販売店