催行内容

※航空券、空港諸税/燃油サーチャージは旅行代金に含まれています。
※宿泊地の変更、日程の短縮等、ご希望がございましたらお問い合わせください。

・最少催行人員/6名以上
・利用航空会社/エールフランス航空
・旅券残存有効期間/出国時3ヶ月以上

出発月 価格目安
1〜3月出発  格安
4〜6月出発  割高
7〜9月出発  高価
10〜12月出発  割安

タイトルキーワード

  フランスでウエディング、4つのスペシャル特典

私だけのウエディング・ドレス タイトルキーワード フランスでは、私だけのドレスが当たり前。仮縫いから始まって・・・大丈夫 式の日の貴方の姿を想像してみてください。
2人で過ごす、フランスのんびり自由旅行 タイトルキーワード 今日は隣の町へバスで、明日はマルシェへ。暮らすように、自由気まま二人だけの旅を楽しみましょう。
小さな村でお披露目パーティー タイトルキーワード さあ、日本からの両親やお友達も到着。 料理自慢の小さなオーベルジュで結婚宣言とお披露目パーティ。 おしゃれで心温まるフランスのマリアージュをどうぞ。
家族と一緒に南フランスを観て回る タイトルキーワード 遠い日本からお祝いに駆けつけてくれた両親や家族に 南フランスの見所をご案内しませんか。 お車でのチャーター、自由気ままが魅力です。

タイトルキーワード お問い合わせはこちら

  リヴィエラ(Riviera)からプロバンス(Provence) 縦断デラックス10日間旅行

結婚祝い おすすめ

日 程    宿 泊 予 定 地  概 要
1日目 結婚祝い おすすめ マントン
(Menton)
夜、ニース空港(Nice Cote d'Azur International Airport)到着。マントン(Menton)の宿泊先まで送迎します。
2日目 結婚祝い おすすめ マントン
(Menton)
一足先はイタリア国境、リヴィエラ(Riviera)の全てを凝縮した街マントン(Menton)。うれしいことに1日ゆっくり散策しても見所はたくさん。レモン祭り(Fete du Citron)で有名ですが、ぜひこちらのマーマレード ジャム(Marmalade)をご賞味ください。
3日目 結婚祝い おすすめ トゥルビエ
(Turbie)
イタリアとフランスの国境山岳地帯バロック街道(ロワイヤ渓谷)の小さな村々を訪ねます。昼食は小さな村の素朴なイタリア風料理がお勧めです。宿泊先と夕食はモナコ(Monaco)の全景が見渡せるトゥルビエ(toubie)のナポレオンも滞在した2つ星オーベルジュで贅を満喫してください。
4日目 結婚祝い おすすめ フレジュス
(Frejus)
アンティーブ(Antibes)の旧市街。ピカソ美術館とコートダジュール(Cote d'Azur)で一番食材の集まるマルシェをゆっくりみてから、昼食はこの街でちょっとエスニックなフランス料理を。その後香水の町グラース(Grasse)へ、香水だけではありません。歴史的建物から町の小さなブティックまで小さなパリ(以外に日本ではしられない)といったところです。宿泊先はプロヴァンスとの境界、ローマ時代の繁栄を残す街(Frejus)へ。
5日目 結婚祝い おすすめ シャトー ヌフ パペ
(Chateauneuf du Pape)
午前中、フレジュスのローマ遺跡を見て周った後、いよいよプロヴァンス(Provence)へ。セザンヌ(Cezanne)の愛したサンヴィクトワール山(Ste Victoire)のふもとをめぐり、途中もっとも標高の高いところで作られるワインCAVEへ立ち寄ります。ここのさっぱりしたロゼワイン(vin rose)は絶品。そして、今夜の宿泊先であるシャトー ヌフ パペ(Chateauneuf du Pape)へ。
6日目 結婚祝い おすすめ シャトー ヌフ パペ
(Chateauneuf du Pape)
フランス最大規模のローマ遺跡と中世の町ヴェゾン ラ ロメーヌ(Vaison la Romaine)へ。その後オランジェ(Orange)の古代劇場(Theatre Antique)、凱旋門(Arc de Triomphe)と1日かけてローマ帝国の偉大さを見てゆきます。時間があれば、インテリア家具に興味のある方にお勧めのお店へお連れします。
7日目 結婚祝い おすすめ サン レミ ド プロバンス
(St Remy de Provence)
ピーター メイル(Peter Mayle)のベストセラー「プロヴァンスの12ヶ月」(A Year in Provence)の舞台、リュベロン地方(Parc Regional Naturel du Luberon)の小さな村を一日かけて周ります。
8日目 結婚祝い おすすめ サン レミ ド プロバンス
(St Remy de Provence)
ゴッホ(Vincent van Gogh)が描いた風景をたどってみたり、おしゃれなお店をのぞいてみたり、1日ゆっくりとサン レミ ド プロバンス(St Remy de Provence)を楽しみましょう。
9日目 結婚祝い おすすめ サン レミ ド プロバンス
(St Remy de Provence)
ツアーでは行くことができないエグモルト(Aigues Mortes)の城塞都市からはじまって、カマルグ湿原(Parc Naturel Regional de Camargue)の見所をチョイス。その後ちょっと日本では味わえないワインCave,オリーブ農園、またはプロヴァンスプリントの老舗「ソレイヤド」(Souleiado)へと、ご希望によりご案内。
10日目 結婚祝い おすすめ 機内泊 マルセイユ空港(Marseille Provence Airport)へ送迎。

結婚祝い おすすめ この旅行のお問い合わせはこちら

 結婚祝い おすすめ【ビザ/パスポート】

フランス旅行は7〜14日になるのでビザは不要です(90日以上の滞在のみビザが必要)。ただし、入国時にパスポートの有効期間が滞在日数+3カ月以上残っていることを確認してください。

 結婚祝い おすすめ【ショッピング/免税】

フランスでは、ひとつの店で175ユーロ以上の買い物をすると、12%の免税が適用されます。ブティックやデパートでの買い物は、まずパスポートを提示してから免税手続きの申請をしましょう。

 結婚祝い おすすめ【会話/フランス語】

ホテルや観光案内所では英語は通じます。オーベルジュ等の宿泊施設でも、英語による意思疎通は問題ありませんが、女性より男性のほうが英語がつうじる傾向があります。レストランやお店では英語が通じないことが多いので、以下のフレーズだけはおぼえておけば役に立ちます。

Bonjour      ボンジュール       こんにちは
Au revoir     オ ルヴォワール    さようなら
Merci Beaucoup メルシ ボークー    ありがとう
S'il vous plait   スィル ヴ プレ    お願いできますか?
Excusez-moi   エクスキューゼ モワ ちょっといいですか?
Oui         ウィ            はい
Non         ノン            いいえ
Ou sont les toilettes? ウ ソン レ トワレット?  トイレはどこですか?

 結婚祝い おすすめ【時差】

結婚祝い おすすめ

フランスと日本との時差は8時間です。ただし、サマータイム実施期間中は7時間の時差になります。
サマータイムの実施期間は、2008年なら3月30日〜10月26日までとなります。「JAL国際線 - 世界時計・カレンダー」をごらんいただければ、より詳細な時差がわかります。

 結婚祝い おすすめ【祝祭日】

結婚祝い おすすめ

JAL国際線 - 世界時計・カレンダー」をごらんいただければ、祝祭日を調べることもできます。
主な祝祭日としては以下のものがあげられます。

■元旦:1月1日
■復活祭、翌日の月曜:
  3月23・24日(2008年)
■メーデー:5月1日
■第2次大戦終戦記念日:5月8日
■キリスト昇天祭:
  5月1日(2008年)
■聖霊降臨 の祝日:
   5月12日(2008年)
■革命記念日:7月14日
■聖母被昇天祭:8月15日
■諸聖人の祝日:11月1日
■第1次大戦休戦 記念日:11月11日
■クリスマス:12月25日

 結婚祝い おすすめ【気候とイベント】

結婚祝い おすすめ

フランスの気候は地域によって違います。パリは高い緯度にあり東京よりも平均2度ほど寒いです。逆に南フランスやリヴィエラ(コートダジュール地域)は平均2度以上高く、非常にすごしやすくなっています。ベストシーズンは3月から10月までで、雨がすくなく天候が安定しています。主なイベントとしては以下のものがあげられます。

■ ニースのカーニバル(ニース)
2月中旬〜3月上旬
■ レモン祭り(マントン)
2月中旬〜3月上旬
■ 春の闘牛(アルル)
4月 復活祭の週末
■ カンヌ国際映画祭(カンヌ)
5月中旬〜下旬

■ ラベンダー祭(プロバンス)
8月上旬
■ ワイン祭(アルザス)
8月下旬

■ ブドウ収穫祭(ボジョレー地区)
9月中旬
■ ジプシー祭(サント・マリー・ド・ラ・メール)
10月中旬

■ クリスマス・ミサ
(フランス全土)
12月24日
■ ミモザ祭
(ポルム・レ・ミモザ)
2月中旬〜下旬

(この記事は随時更新中です)。

このサイトをお気に入りに追加する。